無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

アメノチハレ㊶
望side
昼寝から起きたら午後5:30。
携帯を見たら
流星と濵ちゃんと神ちゃんから連絡が来てた。
小瀧望
小瀧望
そっか。
今日は俺抜きの少クラか…。
見るか見ないかは直ぐに答えが出た。

もちろん「見る」
俺がいないジャニーズWESTを見て見たいし、
みんなは俺のことをどう説明するか
ちょっと気になったから。
テレビをつけた時、携帯が鳴った。
液晶画面を見たら、濵ちゃんからだった。
濵田崇裕
濵田崇裕
LINEより
少クラ終わったらみんなで逢いに行くからな。
待っててな!
少クラ見る?俺今めっちゃ緊張してんねん。

あっ、そや!
ここだけの話、望の立ち位置開けてるからな!

今日歌うのは
「君へのメロディー」と「ええじゃないか」
やで!

見てな!応援してな!
濵ちゃん困っちゃう!笑
小瀧望
小瀧望
LINEより
待ってるわ!
見る見る!笑
応援するから、困らんといて?笑
濵ちゃんが困ってたら、他のメンバーも
パニックやで?笑
きっとスタンバイ前やろな…

俺はスタンバイ前何やってたっけな…。
ストレッチしたり…
ダンスや歌の確認したり…
楽屋ではみんなと話したり…

懐かしいな…笑
小瀧望
小瀧望
おっ
始まった
トップバッターは
俺たちジャニーズWEST。

河合くんが、
「ここでジャニーズWESTからお話があります。」

と言って、
ジャニーズWEST…俺抜きのジャニーズWEST
がテレビに映った。


そして、メンバー1人1人が話し始めた。
時折、観客の「えぇー」も聞こえた。

そして、
君へのメロディー ええじゃないか
も終わりジャニーズWESTの出番は終わった。
小瀧望
小瀧望
メンバーが来るまで
寝よっかな…
最近はよく疲れる。
それに眠気も仕事してる時以上に
酷くなってきてる。
濵ちゃんからの返信も来てなかったら
俺はメンバーが来るまで寝ることにした。