無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

アメノチハレ㊷
濵田side

河合「ここでジャニーズWESTからお話です。」
小瀧望がいないジャニーズWESTは
違和感でしかなかった。
それは見に来てくれている人たちもそうだった。

観客からは「のんちゃんは?」「なんで?」
など色々聞こえた。
望の団扇を持っているファンも沢山居て
その人たちの表情は暗かった。
中間淳太
中間淳太
ここで僕達から、ここにいない小瀧望
のことについてお話があります。

彼は今、無期限活動休止中です。
理由は僕たちの判断で言えません。
勿論知りたい人もいると思いますが
小瀧望の意見を尊重し、言わないと決断しました。
桐山照史
桐山照史
彼は…小瀧望は彼なりに頑張っています。
諦めずに頑張っています。
彼は皆さんが思っている以上に強いです。
濵田崇裕
濵田崇裕
望はまたここに立てるように、
時々涙を流すこともありますが、
応援してくれてるファンの皆さんのためにも
負けずに頑張っています。
重岡大毅
重岡大毅
僕達ができることは
小瀧を支えることです。
そして、小瀧を守ることです。
神山智洋
神山智洋
ファンの皆さんがこれからもやって欲しい事は
小瀧望を応援し続けて欲しいです。
皆さんの応援が彼を強くします。
藤井流星
藤井流星
これからも小瀧望を
そして、ジャニーズWESTを
よろしくお願いします。
勿論俺たちが話している間は
ファンの皆さんからは
「えぇー」、「言ってよ」
など様々な声が上がった。
濵田崇裕
濵田崇裕
信じて待っててください。
望は必ず戻ってきます。
望はファンの人たちのことが大好きだから、
裏切ることはないと思っています。
信じて待っててください。
彼なら乗り越えられます。
乗り越えてくれます。
少し時間がかかると思いますが、
望は諦めてないので皆さんも諦めずに
待っててください。
お願いします。
藤井流星
藤井流星
濵ちゃん…
俺は無意識にそんなことを言っていた。
重岡大毅
重岡大毅
お願いします。
濵田崇裕
濵田崇裕
しげ…
隣を見たら、
しげもお辞儀をしていた。
重岡大毅
重岡大毅
それでは聞いてください。
「君へのメロディー」そして
「ええじゃないか」です。
どうそ!










歌が終わり
楽屋に着いてみんなが帰る支度も整った頃
中間淳太
中間淳太
皆、大丈夫そう?
神山智洋
神山智洋
大丈夫やでー
桐山照史
桐山照史
おん!
濵田崇裕
濵田崇裕
OKー
重岡大毅
重岡大毅
はいよー
藤井流星
藤井流星
俺も大丈夫!
中間淳太
中間淳太
ほなのんちゃんの所に行こか
JW
JW
JW-望 中間
いぇーーい!



待っててな!笑