無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

アメノチハレ㉓
望side


コーヒーのいい匂いとパンの匂いで起きた。

濱ちゃんがやってくれてた。
普通こういうのって俺がやらなあかんのに
昨日は結構疲れてたから
寝ちゃってた。
はぁ、ほんま情けないわ笑
濵田崇裕
濵田崇裕
おはよう
小瀧望
小瀧望
おはよう
濵田崇裕
濵田崇裕
よう寝れた?
小瀧望
小瀧望
うん。
ありがとう
濵田崇裕
濵田崇裕
なら、よかった。
小瀧望
小瀧望
手伝おか?
濵田崇裕
濵田崇裕
大丈夫大丈夫
座ってて
一応、ここ俺んちやで?笑
濵田崇裕
濵田崇裕
出来たでー
食べよか
小瀧望
小瀧望
うん笑
濵田崇裕
濵田崇裕
何笑てんねん
小瀧望
小瀧望
いや
幸せだなって。
間違っちゃいない

濱ちゃんと出会てなかったか


今頃俺は、心も体もボロボロやと思う。

でも、濵田崇裕っていう素敵な男性に出逢えたから

ボロボロじゃなく寧ろ「頑張ろう」って思える。

濱ちゃんに出会えて
濱ちゃんと同じグループで
ホンマに幸せ。
濵田崇裕
濵田崇裕
望?
俺もやで 笑笑
俺も幸せや
小瀧望
小瀧望
ははっ笑
食べよ
ありがとうな。
濵田崇裕
濵田崇裕
せやな〜
それから2人で仲良く食べて
一緒に片付けてたら
濱ちゃんの携帯電話が鳴った
小瀧望
小瀧望
濱ちゃん鳴ってるで〜
濵田崇裕
濵田崇裕
はいよぉ
濵田崇裕
濵田崇裕
はいはい
…はい、…はい、…はい

えっ、あ、分かりました!
ほんじゃ失礼します~
小瀧望
小瀧望
誰?
濵田崇裕
濵田崇裕
んっ?
マネージャー
小瀧望
小瀧望
なんやって?
濵田崇裕
濵田崇裕
照史が風邪引いてもうて
ラジオ出来ひんらしいから
変わって欲しいって…
今から迎えに行くから用意してって…
小瀧望
小瀧望
俺のことは気にせんでええから
ラジオ行ってき?
迎えに行くって言ってたんやろ?
濱ちゃん、ここにいたら
やばない?
濵田崇裕
濵田崇裕
せやな笑
ごめんな?
なんかあったら電話してきてええからなー?
ありがとう。楽しかった
また、遊びに来るわ
小瀧望
小瀧望
おん
誘う誘う!また来て〜
ラジオ頑張ってな
濵田崇裕
濵田崇裕
ありがとう

ほなね
小瀧望
小瀧望
ほなね










濱ちゃんが帰ってからの俺の家は

濱ちゃんが嬉しい言葉をかけてくれる前の

俺の心のように寂しく

どこか穴があいているかなような

静寂に包まれている

そんな部屋だった