無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

24時間テレビ 本番
重岡side
俺のコーナ、小瀧のVTRまであともう少し。
裏ではメンバーもスタンバイ中。

そして、その時が来た。
水卜アナ
「さぁ、ここで鐘が鳴ったので動く人のコーナーです。」

羽鳥さん
「はい、次は重岡さんですね?」
重岡大毅
重岡大毅
…はい。
僕らの大切なメンバー、小瀧望。
彼は僕らのグループの最年少でした。
ですが彼は彼の誕生日7月30日、
歳を重ねた夜に旅立ちました。
僕らの愛したメンバーの奇跡を
ご覧下さい。
練習や打ち合わせとは違うVTRの前の俺のコメント。
頭の中で出てきた言葉を繋ぎに繋いだ。


VTRでは
闘病中に小瀧が自分で撮ったであろう動画と
Jr時代、そしてデビューした後の小瀧が
映っていた。

最後には俺らの知らない…サプライズで
小瀧の声で俺らのことを思った想いが流れた。
当然、知らなかった俺は涙が止まらなかった。
泣き止まなあかんのに、涙が止まらなかった。

この後小瀧のために、小瀧の大好きな歌を歌うはず
なのに、そんなん関係なしに俺の涙は溢れる。







VTR後周りの広末涼子さん、ギャル曽根さん
水卜さん、羽鳥さん、井ノ原くん、北山くん、
増田くん、岸くん、そして…徳さん達全員が
涙を流していた。


羽鳥さん
「…重岡さん。本当に素敵なメンバーでしたね。」
重岡大毅
重岡大毅
…はい。あいつは…小瀧は…
本当に最後まで俺らには弱音吐かず
最後まで笑顔で彼らしい人生を送っていたと思います。
そして…
その彼の人生に俺らが居れたこと、
そして僕らも、僕も人生に
彼が…小瀧望が居たことに、
居てくれたことに…
本当に感謝してますし…
ありがたいです。
本当にこのVTR見て更に
小瀧望という素敵なメンバーに男に
出会えて良かったって思ってます。
本当に幸せです。
すみません。涙流しながらですけど…。
羽鳥さん
「小瀧さんは本当に愛されていましたね。」
重岡大毅
重岡大毅
…はい。ほんまに。
愛されていたと思います。
羽鳥さん
「はい。では重岡さん。準備をお願い致します。」
重岡大毅
重岡大毅
はい。お願いします。
先輩方やゲストの方の前や後ろを通って
メンバーがスタンバイしている所に駆け足で向かう。

メンバーの顔にもいくつかの涙の後が。
流星が1番泣いていて神ちゃんがそれを慰めていた。

神ちゃんと目が合いアイコンタクトをする。
神ちゃんが俺に向かって顔を強く頷いた。
俺もそれに答えるように神ちゃんに向かって頷いた。

流星が少し落ち着いたのを確認して
羽鳥さんに合図を送った。
羽鳥さん
「…はい。準備が整ったという事なので
皆様にはジャニーズWESTの素敵なパフォーマンスをお届け致します。
新しいジャニーズWEST、6人だけど
心には小瀧望さんがちゃんといる。
今前を向けるようにメンバー全員が
動いていく6人を僕らで見守りましょう。
ジャニーズWESTで小瀧望メドレーです。」



周りの照明が落ちてカメラも俺らを捉える。
皆の顔を見た後、俺は天を仰いだ。
重岡大毅
重岡大毅
…聞いてくれ、小瀧。
届いているか分からないけど
小瀧は俺の作った曲を愛してくれた。
もしかしたら今日もどこかで…空のどこかで
この曲を歌ってくれてるかもしれない。
この曲をフライングして歌ってるかもしれない。

一緒に合わせようや。小瀧。
一緒に歌おうや。小瀧。
小瀧のために、俺ピアノ弾くから。

俺のピアノが空に聞こえたら
俺のピアノが小瀧のいる所まで聞こえたら
小瀧のパートを俺らに聞こえるように
大きな声で歌ってくれ。
涙を流しながら歌ってくれたサビを歌ってくれ。
聞かせてくれ。
JW
JW
間違っちゃいないよな
君と出会ったことも
夢を信じることも
答えに牙向いてさ
桐山照史
桐山照史
間違っちゃいないよな
JW
JW
目が合う近所の空
僕は僕で僕だ
JW
JW
間違っちゃいない
間違っちゃいないんだ
重岡大毅
重岡大毅
間違っちゃいない
JW
JW
間違っちゃいないんだ

24時間テレビで歌うかどうか迷った時
神ちゃん家に行った時
俺は見た。
神ちゃんの家の中で小瀧が輝いていた写真を。

あの夜、流星から聞いた。
小瀧の家で見つけた壁に穴が空いた部屋の
机には俺らの思い出の品が沢山あったということ。







間違っちゃいない。が終わり次の曲に移る。
この曲も俺はピアノを弾く。
次の曲は初披露曲。
JW
JW
じゃあな じゃあな 寂しくなるぜ
全てが 全てが 恋しくなったって
神山智洋
神山智洋
放物線を空に描こう
重岡大毅
重岡大毅
小瀧へ届け
JW
JW
虹色のピース
ありがとう ありがとう旅立つ背中に
いつか僕は僕で
待っていて 見守って
藤井流星
藤井流星
一人帰り道 口ずさむ
JW
JW
新しいメロディー ふと笑った
あなたへ届けを 小瀧へ届けと変えたのは
今決めたこと。

だからメンバーも驚いてたけど
直ぐに笑顔になった。
JW
JW
あばよ あばよ 会いたくなるぜ
でもな でもな 今はまだ早いね
中間淳太
中間淳太
一人帰り道 この胸に
JW
JW
止まらないリズム
濵田崇裕
濵田崇裕
ふと感じた
こんなにも歌詞がリンクする歌を歌うなんて。
この歌を作ったときの俺からしたらきっと
想像できないだろう。
でも、この歌があるからきっと
俺らは前を向いて 小瀧は俺らを見守ってくれてると
思うから。
JW
JW
じゃあな じゃあな 寂しくなんかないぜ
またな またな 今じゃないどこかで
桐山照史
桐山照史
放物線を空に描こう
中間淳太
中間淳太
あなたへ届け
JW
JW
お決まりのピース
ありがとう ありがとう 旅立つ僕らに
あの日の僕らが
待ってるって 見守ってるって
一人帰り道 立ちどまる
小瀧望
小瀧望
懐かしい声に
小瀧の声であのパートは今の俺らに当てはまる。

もう既に懐かしいと感じてしまう。そして…
もう既に会いたいと思う。
重岡大毅
重岡大毅
思い出し笑いできるんだ
この日々いつか 足元を照らすんだ
でもきっと何年か経ったら
この日々を笑える日が来ると思う。
小瀧の最高の笑顔を囲みながら
まだあの時、前を向けたなかったんやでって。
俺のピアノはこの to youで終わり。

次は俺らの思いが詰まった感謝曲。
この曲で俺らは6人でのジャニーズWESTが始まる。

さっきの2曲まではちゃんと小瀧の声をCDで流して
披露していたけど
次からはちゃんと小瀧のパートは誰かが歌っている。
マイクスタンドからマイクを取って
真ん中に立つ。

真ん中に立ったらピアノの前奏が鳴り始めた。
重岡大毅
重岡大毅
遠くに離れて 気がついたんや
あなただけが 僕のこと 分かってくれた
遠くに離れてから気づいたこと
それとは別に遠くに離れてなくても気付いていた
小瀧の思いやありがたさ、全てをこの歌に届けたい。


最年少らしく小瀧は俺らを見守ってくれた
時にはメンバーのために頭を下げたり
時にはメンバーのために声をかけたり
時にはメンバーのために笑ってくれたり
時にはメンバーのために怒ってくれたり
時にはメンバーのために話を聞いてくれたり

その全てがほんまに愛おしかった。
その全てがほんまに助かった。
その全てがほんまにほんまに…
大好きでありがたくて…
JW
JW
All My Love
今僕が頑張れるのは
そうAll My Love
あなたがいたから
これからも一緒に前向いて歩いていこう
All My Love
勇気をくれてありがとう
今俺が勇気を出して24時間テレビの
メインパーソナリティを努められたのも
きっと小瀧のおかげ。

ありがとうな。
これからも俺ららしく盛り上げて頑張っていくから
前を向いて歩いていくから…。


All My Love
出会ってくれて ありがとう
出会わせてくれて ありがとう
ジャニーズWESTになってよかった。
7WESTになってよかった。
ジャニーズ事務所に入ってよかった。
この世界に入ってよかった。
重岡大毅
重岡大毅
ありがとう、小瀧。


見ててな?小瀧。
あの時みたいに。
お前が守り抜いたジャニーズWESTを
俺らが全力で守り抜く。

テッペン、必ずとるからな。