無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

アメノチハレ⑤
望side
今日の仕事は雑誌の取材と撮影
撮影のペアは、濱ちゃん

嬉しいな笑
小瀧望
小瀧望
おはよう
JW
JW
JWー望
おはよう
小瀧望
小瀧望
濱ちゃん〜!
濵田崇裕
濵田崇裕
のんすけ
おはよう
今日は、よろしゅうな〜
小瀧望
小瀧望
よろしく〜!
この時もまだ足が痛い。
ちょっとだけ足を引きずるように
歩いていた。
でも、メンバーに気付かないように
不自然にならない程度で頑張ってたんやけど
やっぱりあの人はバレていて…
神山智洋
神山智洋
左足痛いの?
何か引きずってへん?
流石神ちゃんやな…
重岡大毅
重岡大毅
足痛いん?
大丈夫か?
小瀧望
小瀧望
うん
大丈夫大丈夫
トレーニングのし過ぎの筋肉痛やろ
桐山照史
桐山照史

気をつけなよ
中間淳太
中間淳太
無理すんなや
小瀧望
小瀧望
うぃーす
スタッフ
「撮影の準備が出来ました。
最初に濱田さんと小瀧さんお願いします」
小瀧望
小瀧望
お願いします
濵田崇裕
濵田崇裕
お願いします
濱ちゃんと一緒に撮影!
頑張ろ💪

座ってたソファーから
立とうって思った時やった。



俺は左足に力が入らず
派手に転んだ。
更に運悪く、手が出ずにおでこを打った
小瀧望
小瀧望
ドン!
痛った…‪……!
濵田崇裕
濵田崇裕
おい!望!?
大丈夫か?
藤井流星
藤井流星
大丈夫か?
メンバー全員
俺のところに来た
小瀧望
小瀧望
おん。
平気平気笑笑
桐山照史
桐山照史
びっくりした〜
重岡大毅
重岡大毅
おでこ、どうすんねん笑
小瀧望
小瀧望
なんとかなるやろ笑
濱ちゃん行こ
濵田崇裕
濵田崇裕
お、おう
俺が出て行ってから
楽屋はどんなんやったやろうな。

なんて思いながら
濱ちゃんと雑誌の撮影に向かった。