無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

アメノチハレ㉟
望side
事務所から帰って今は
俺の家で濵ちゃんと一緒に入院の準備をしてる
小瀧望
小瀧望
濵ちゃん〜
何が必要か分からへん
濵田崇裕
濵田崇裕
ちょっと待ってな
濵田崇裕
濵田崇裕
えっとな
着替えとタオルと…
おん。これで大丈夫や。
小瀧望
小瀧望
ありがとう。
濵田崇裕
濵田崇裕
時間があったら
皆でお見舞い行くさかい。
小瀧望
小瀧望
ホンマに!?
楽しみやな〜
みんなといる時は

本当に辛いことあっても悲しいことあっても
乗り越えられた。

だから今度も乗り越えられるって思ってる。

いや、乗り越えてみせる。
小瀧望
小瀧望
なぁ…濵ちゃん
濵田崇裕
濵田崇裕
どないしたん?
小瀧望
小瀧望
俺、頑張るわ。
濵田崇裕
濵田崇裕
おう。
俺らもサポートするからな
何かあったら言いなよ?
小瀧望
小瀧望
うん。
入院の準備も終わったところで
濵田崇裕
濵田崇裕
ほな
帰るな。

明日の朝、迎えに来るわ。
小瀧望
小瀧望
ありがとう
濵田崇裕
濵田崇裕
じゃまた明日
小瀧望
小瀧望
ありがとう
また明日
濵ちゃんが居なくなった部屋は

あの日よりも
寂しさや悲しみもなく
今はどちらかと言えば、
「頑張ろう」って思える
そんな部屋だった。
小瀧望
小瀧望
絶対、帰ってくるさかい。

待っててな。
みんな。
皆で叶えたい夢がある。

皆で見たい景色がある。

皆で歌いたい歌がある。

皆で踊りたいダンスがある。

皆でバカのことしてまた笑いたいから。
小瀧望
小瀧望
頑張るわ。





俺はもう1人じゃない

俺には最高で大切な人がいる。