無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

最後の お誕生日おめでとう
流星side
小瀧望
小瀧望
うっ!はぁ…はぁ…
うっ!うっ!
心臓を押さえながら苦しみだした望。

あれから照史がナースコールを押して
すぐに先生が来たが
もう手の施しようがないと言われた。


つまり…
その時を待つしかないってこと。
重岡大毅
重岡大毅
小瀧?しっかり。
大丈夫や大丈夫。
生きるんやろ?なぁ?
小瀧望
小瀧望
うっ!はぁ…はぁ…。
流星…。
藤井流星
藤井流星
んっ?
苦しみながらも俺の名前を呼んだ望。
俺は慌てて望の近くに行き、手を取った。
小瀧望
小瀧望
ごめ…、ごめんな…?
藤井流星
藤井流星
何が…?
小瀧望
小瀧望
東京ドームで、terrible
歌えなくて…。
藤井流星
藤井流星
もう、ええから。
なっ?もう、ええから。
俺がいつか言っていた事を気にしていたのか
謝った望。
俺はなんて言えばいいのか分からなくて
ええよって言った。

これで良かったんかな?
望はなんて言って欲しかったんやろう…。
藤井流星
藤井流星
望…。
俺が歌ったるから。
俺が…東京ドームで歌ったるから。
terrible聞こえたらさ…?
空に虹かけてや…。
小瀧望
小瀧望
…分かった。笑笑

皆…。。
JW
JW
んっ?
小瀧望
小瀧望
あり、がとう。
大好き…。
愛してんで…。









ピ、ピ、ピ ピーーーーーーーーーーーーーーー



聞きたくない音が、部屋に響いた。



先生「永眠です。」
藤井流星
藤井流星
っ…。。
重岡大毅
重岡大毅
っ…。
桐山照史
桐山照史
望…。
濵田崇裕
濵田崇裕
望…。
中間淳太
中間淳太
のんちゃん、お疲れ様。
頑張ったな。頑張ったな。
偉いで?ゆっくり休み…。
神山智洋
神山智洋
のんちゃん…
ありがとう。俺らと出会ってくれて…。

そして、






“お誕生日おめでとう”






もう届いていないであろう望に

改めて伝えたかった。


藤井流星
藤井流星
おめでとう、望。
ありがとう、望。



空には綺麗な虹がかかった。

虹綺麗やな?望。
いや、望の人生の方が綺麗やったな。
笑顔も涙も頑張りも強さも…。





望がここまで生きれたのはきっと
お前の強さがあったからや。





望が優しかったのも、
望の強さがあったから。



望の強さは、望の優しさやったな。


望の強さ、望の優しさ

全て全て 俺にも、俺らにも
ちゃんと届いてたで。

だから俺らの方が
どちらかと言えば、望にありがとうやで。
藤井流星
藤井流星
ありがとう…。
望…。




生まれてきてくれて

生きていてくれて

出会ってくれて

一緒に夢を見させてくれて

夢に向かって 一緒に歩んでくれて



「ありがとう」