無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

アメノチハレ①
ジャニーズWEST、














デビューして6年が経ちました。















うちの末っ子は














病と闘いながら











それでも一緒に頑張っています。







望side

目をつぶった時


「こんな俺らに出会ってくれてありがとう。」
「頼りないお兄ちゃん達でごめんな。」
「お前はいつでもメンバーやからな。」
「大好きや。愛してる。」
「何があっても忘れない。」
「俺、望に出会ってほんまに幸せやった。」


みんなの声ちゃんと聞こえたで


俺も幸せやったで。大好きや。
俺も忘れへんよ。
こちらこそ、


俺に出会ってくれありがとう。



そう思い涙を流しながら
目をつぶった最年少。
メンバーに囲まれながら
帰らぬ人となった。