無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

アメノチハレ㉑
濱田side
今日は望が心配やから
俺も荷物をまとめて、望の家に泊まる。

俺の家に着いて
適当に着替えとか詰めてたら
望からLINEが来た

内容は、
鍵空いてるから入って。


心の中では鍵は閉めとけ!ってつっこんだ。
でもきっと、鍵を閉めることすら出来ないくらい不安だって言うことがわかった。
俺は出来るだけ早く行って
望を安心させたいから
着替えを詰めたカバンを持って
車を走らせた。










望の家前
インターフォンを鳴らさずに
俺は、ドアを開けた。
濵田崇裕
濵田崇裕
望〜?
入るで〜?
望は返事をしない。
むしろ、
大きな声で泣いとった。

俺は慌てて望の所に走って向かった。
濵田崇裕
濵田崇裕
望!!
家の中は
ぐちゃぐちゃ。
綺麗好きだったはずの望。
でも部屋の中は、服とか湿布とかで
ごちゃごちゃ
濵田崇裕
濵田崇裕
望大丈夫だから。
俺は今はそのくらいのことしか
出来ない。

他にももっと望にしてあげられることが
沢山あるはずなのに
何も出てこない。

ほんまに俺情けない。

俺は望を抱きしめ、背中をさすった。

そしたら望は
俺の背中に腕を巻きつけた。


それから俺は考えた。




今俺ができるのは…
濵田崇裕
濵田崇裕
なぁ、望
俺とその不安共有しよか。