無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

アメノチハレ㉗
望side
濵ちゃんが仕事に行ってからの俺は
無理しない程度で部屋の片付けや
照史とLINEをしていた
心配やん。メンバーの風邪って。
でもきっとここに濵ちゃんがいたら
今は自分の体調を優先し?とか言いそう。

そんなことをして、片付けや照史のLINEも
一段落着いたところで少しだけ休もうかなと
思っていた時、
濵ちゃんからLINEが来た。
濵田崇裕
濵田崇裕
LINEより
俺が出て行った後、大丈夫やったか?
俺も望の病気について調べた。
ごめんな…
もうちょっと早く気が付いてたら
望苦しくなかったやんな…

ゆっくり休み?
またなんかあったらLINEしてな?
すぐ行くから
小瀧望
小瀧望
濵ちゃん…
なんでそこまで優しいねん…


ずるいやん


ホンマに




何回泣けばええねん。




強くなりたいのに、



濵ちゃんの言葉のせいで



全然強くなれへんよ…
小瀧望
小瀧望
ダメやなぁ、俺…
ホンマに、


ダメやなぁ


俺。