無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

アメノチハレ㊲
望side
小瀧望
小瀧望
濵ちゃんお待たせ。
行こっか。
濵田崇裕
濵田崇裕
おはよう。
行こか。
荷物持つで。
小瀧望
小瀧望
ありがとう。
濵ちゃんの車にて…
小瀧望
小瀧望
あんな濵ちゃん…。
濵田崇裕
濵田崇裕
どないしたん?
小瀧望
小瀧望
俺、頑張るわ。
必ず勝って、戻ってくるから、
それまで待っててな?
濵田崇裕
濵田崇裕
当たり前や。
ずっと待ってる。
のんすけのペースでええからな。
焦らないでええさかい。
元気になったらファンの皆の前で
思っきり歌って踊ろうや!
小瀧望
小瀧望
ふふっ。
おん!







病院の駐車場で
濵田崇裕
濵田崇裕
よし。
着いたで〜。
行こか。
小瀧望
小瀧望
うん。
車を降りても俺の荷物を持ってくれた濵ちゃん。

その後ろを歩いていると…
??
望/小瀧/のんちゃん!