無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第3話

Three


するとりっくんと目が合う。




次の瞬間、チュッと唇が重なった。




久しぶりの感覚だった。




りっくんにスイッチが入ったのか。




ヒョイッとお姫様抱っこで持ち上げられ、




ベットに寝かせられた。




そしてりっくんは私の上に覆い被さってくる。




私の脚の間に自分の脚を入れて。





そして再びキスをされる。





チュッ……ンチュ……チュク…





段々と深く舌が絡み合っていく。






いつもよりも長く、深いキス。





少し苦しくなってきて、




自然と声が漏れてしまう。






「ンッ………ンゥ……///」





その声を聞いた彼が、唇を離す。





頬に手を添えられながら、囁かれる。






「久しぶりに聞いた。その声。」





その流れで手が私の胸へと滑り込んでくる。





軽く揉まれる。





優しく大きな手で包み込まれる。




そして上の服を脱がされる。




下着を撫でられながら言われる。





「えっちいね。」





そして慣れた手つきで下着を外す。




「もうこんなに硬くなってるじゃん。」




親指で弄られる。




突起に口をつけ、甘噛みしたり、舌先で




転がしたりされる。




その舌使い、すごく気持ちい。





「ンハァァゥ//……ンンッ///」





「…かわいっ……ンチュ……チュク…」







りっくんの息づかいが荒くなってくる。





突起を弄っていたその口で、





再びキス。





下唇を軽く吸われ、





舌は深く絡ませる。






ずるいよ。そんなオトナなキス。






そうしながらりっくんの手が私の脚に






伸びてきた。





スカートの中に腕をいれて、






ふくらはぎ、太もも…





となぞられる。






その太ももに置かれた手が、






遂に私の弱いところに辿り着く。






下着の上から触ってくる。






「ンハゥゥッ//」





「結構濡れてるね。」





手が下着の中に入ってくる。





指でマメを弄られる。






「ンアァァッ//リッ,クゥンッ//ンヤァァッンッ///」





「気もちいの?」





「ハァッ,ハアッ…きもちいっっ///」





スカート、下着をするするっと脱がされる。





指をあそこに入れられて、探られる。





「ンヤァァァンッ///ラメッ…//」





「あなたここ弱いもんね~」





そこばっかりを刺激してくる。





最初はゆっくり。





徐々に動きが速まる。





クチュクチュと鳴き声がする。





「ンハァァッ//ダァメッ//いっちゃうっっ///」





「いけよ…。」





いつもの声とは打って変わって、




低音ボイスでそう囁く。





そして私はイった。





「ハアッ,ハアッ,ハアッ…」





いつもならここで指で弄るのは終わる





はずなのに、りっくんの指がもう1本入ってきた。




2本攻めされる。




中で指がバラバラに動かされる。





「ンンンンッ…ンハァッッンッ///」





「かわいいよ、あなた。」





そうしながらディープキスを交わす。






チュッ……ンチュ……ンァ……チュクゥ…






私に呼吸をさせる暇を与える気が





ないような、長いキス。






「ンラァァ……ンァ…いっちゃっ…ンンンンンンンンゥッ///」






再びイった。



そしてりっくんも裸になる。





程よく引き締まった体が姿を現した。





下の方に目をやると、アレは






今までに見たことのないくらいに






大きくなっていた。






「入れてもいい?」





「うん//」






りっくんがゆっくりと入ってくる。







すっごくおっきいのが。






そして全部入りきったときには、





少しでもりっくんが動いたら






イってしまいそうなくらいだった。







「んあっ…やばい、きもちい…///」






りっくんの腰が動いていく。






パンパンと音がする。





だんだん速くなる。






奥に、奥に…りっくんが刺激してくる。






それも激しく。






そして2人同時に果てた。







「ハアッ,ハアッ,ハアッ…//」






「もっと…」






珍しくりっくんから求めてくる。






体勢を変えて、バックで入れる。






さっきよりも奥に突いてくる。








「ンアァァァァァァッッ//すごぉいっ/////ンハァッ♡」







「はあ…あなた…最高っ…ンンンゥッ///」






どんどん力強くなる。





あまりの気持ちよさに力が抜けていく。






「だめっ、でるっっ//…ンンンゥッ///」






りっくんからあたたかいのが注がれていく。






一度りっくんのが抜かれる。





私はもう息切れ状態。





だけどまだりっくんは元気がありそう。





ベッドに仰向けになって、





その上からりっくんが重なる。




また、りっくんが入ってくる。





「りっくんっ…ンンンゥッ♡」





「あなた……好き。」





激しく動いてく。




そしてりっくんは腰を動かしながら、




吐息混じりの甘いキスを交わす。





ンチュ……ンハァ……レロォ……ンクチュ……ンン…





とても生々しい音を




上と下の口から漏らす。





「ンハァッ,ハアッ,ハァァッ…りっく…ンンッ…イくっっ♡」





「ハアッ,ハアッ,ンンンンンンッッ♡」





最後のひと突きは、ど突かれるように





奥の奥まで届いた。





しばらく2人とも動けないでいた。





「ごめん、激しすぎたかな…」





「ううん。大丈夫だよ。」





「久しぶりすぎて、つい…」





「気持ちよかったよ。」





「うん。」






そしてシャワーを浴びて、私は帰る。





「送らせて。」




「いいの?ありがと。」





りっくんはいつも私を家まで送ってくれるの。




荷物を車に乗せて、




りっくんの隣に座って移動する。




そして家に着いた。





「ありがと、りっくん。」





「いいえー。おやすみ、あなた。」





「りっくんおやすみっ」





チュッ






とキスをして分かれる。





私が家に入ったことを確認して、





りっくんは家に戻っていった。



















リクヲside







あなたを家に送ってから、俺も家に帰った。





久々に会えて嬉しかったな。





なんて思っていたら、そらたちが帰ってきた。






「ただいまー」





「おかえり、そらたち」





「りっくん、お土産あるよ~」




「え!まじ!?」








そしてその後。





そらとみっくんが眠りについてから、






えいちゃんはこう言った。






「りっくん、もしかして女連れ込んだ?」





「え、なんで?」





「いやあ、ほら、いつもはしない





香水の香りがするからさ」








えいちゃん、鋭い…。





「その顔図星だw」





「大事にしてやれよ、彼女さん。」





「うん。もちろんだよ。」





「じゃ、おやすみ」






「おやすみ~」






だがそれからも。






そらとみっくんは俺に彼女がいることなんて





気がつく様子はなかった。

















end.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ゆう
ゆう
リクエストどーぞ!いつでも待ってるよ! (私のどの小説のコメント欄でも構わんぞよ。) フォロー返します(気づけたらね?) 🐢更新 よければTwitterも覗いてみて! @purisyo_yuu_ (プリ小用アカ) @pon_yuu_kotu (普段使ってるやつ) いつも作品読んでくださってる方々ありがとう☺️ フォローしてくれる方々もありがとう(^-^) あやのちゃん→FRIENDS😊すこ。 脳内ピンクのJKでっす 感想とかくれたらとっても喜びます。 ジャニーズはNEWS。 YouTuberは アバンティーズ、水溜りボンド、パオパオチャンネル、Fischer's、東海オンエア、夕闇、あるてぃめっとよにん!、もちのアートエボなどが好きです(*´-`) 私の頭は狂ってますのでw コメント返信するの遅くなるかも。 何卒よろしくお願いします。(*´-`) みんなのこと大好きよ♪ (常に情緒不安定)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る