無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🌧
蜜璃さん行っちゃった…

大好きな桜餅をこんなに残して
炭治郎
炭治郎
あなた?
あなた

…え、なに?

炭治郎
炭治郎
その…隣いいかな?
あなた

あ…うん

そう言うと炭治郎は深く腰掛けた

炭治郎はいつも大きな木箱を持ち歩いてる

よほど大事なものが入っているんだろう
炭治郎
炭治郎
あなたはいちご大福が好きなのか?
あなた

え…?!

ニコッとしながらいちご大福に目をやる炭治郎

何だか恥ずかしい…

あなた

…好き

炭治郎
炭治郎
そうか!
美味しいもんな、いちご大福!
ああ言わないで〜!

炭治郎から言われると恥ずかしいの
あなた

炭治郎は何が好き?

炭治郎
炭治郎
そうだな〜…
たらの芽かな
あなた

美味しいの?それ

炭治郎
炭治郎
ああ!美味いぞ
炭治郎とこういう話するの初めて

不思議…炭治郎と話すのは楽しい

任務以外での私たちは普通の15歳
炭治郎
炭治郎
そうだ、あなた
あなた

なに?

炭治郎
炭治郎
今度一緒にいちご大福を食べに行かないか?
あなた

え…いいの?

炭治郎
炭治郎
もちろんだ!
約束
あなた

うん、約束

この時の私はまだ知らない

この約束を果たす日はこないことを_




NEXT_