無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🌧
義勇side
あなた

義勇さん、帰りました

義勇
義勇
あなた
何か分かったか?
あなた

はい、何となくですけど…

義勇
義勇
そうか
あなた

義勇さん

義勇
義勇
…なんだ?
急に真剣な顔つきになった

どうしたんだ?
あなた

…義勇さんは私の大事な人です

義勇
義勇
…っ!
それだけ言うとじーっと見つめてきた

普段こういう事はしないから緊張してしまう

平常心を保つんだ
義勇
義勇
…俺の顔に何かついてるのか?
あなた

…でも炭治郎の時とは違う…?

そう言ってあなたは自分の部屋に行ってしまった

とり残された…

一体何だったんだ
義勇
義勇
胡蝶…何をふきこんだんだ…?
結局この時の事は分からずじまいだ


NEXT_