無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

🌧
あなた

う…

ここはどこ?

とっても懐かしい匂いがする

あなた

母さん…皆…

さっきの事は夢だったのかって思ったけど

右手が不自然に拳を握っていた

ああ、そっか_
あなた

…ありがとう

ゴトッ
鈍い音と共に人の姿が目に入った

私ね、その半々羽織よく知ってる

ずっと隣で見てきたもの
義勇
義勇
あなた…?
あなた

ただいま…義勇さん…

NEXT_