無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

🌧
善逸side

突然俺たちの前に現れた女の子

俺らの同じ隊服…鬼殺隊か?

それにしても…
善逸
善逸
か、可愛い…!
あなた

え…なにこの人…

それはもう見惚れるくらい綺麗で

どこかのお姫様かと思った
伊之助
伊之助
んだお前!
入ってくんな!
善逸
善逸
お…おい!
落ち着けよ
あなた

私は鬼殺隊 階級 丙
雨宮あなた
街中で喧嘩はやめなよ

伊之助
伊之助
鬼殺隊〜?
勝負だ、勝負!
あなた

あなたも鬼殺隊員なら分かるでしょ?
隊員同士での争いは御法度だ

善逸
善逸
そうだぞ、伊之助
伊之助
伊之助
うるせぇ!
次の瞬間伊之助はその子に飛びかかった

だけど次に見たのは

伊之助が逆にその子に倒されたところだった

今何が起こったんだ?
伊之助
伊之助
は…
あなた

もうこれ以上はよして

この子…何者なんだ

それにこの音、今まで聞いたことない
なのに懐かしくて和む音がする




NEXT_