無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🌧
しのぶside

冨岡さんをあなたちゃんのいる部屋に連れて行って数時間後

しのぶ
しのぶ
冨岡さん…
そろそろ戻ってきてもいい頃では
その部屋を開けると

ベッドにいるはずのあなたちゃんは消えていて

竈門君ただ1人がそこにいた
しのぶ
しのぶ
竈門君…?
冨岡さんとあなたちゃんはどこですか?
炭治郎
炭治郎
えと…
今冨岡さんが連れて帰って…
しのぶ
しのぶ
ブチッ
あれだけ絶対安静だと言ったのに

帰ったとはどういうことでしょうか

それにあなたちゃんまで連れて帰るとは…
炭治郎
炭治郎
し…しのぶさん?
しのぶ
しのぶ
どいつもこいつも…
今度会ったらこうです、こう
今度冨岡さんが治療にきたら

直に消毒液でもかけてしまいましょうか_


------------
そしてまた数週間がたった
しのぶ
しのぶ
冨岡さんってば…
連絡の1つくらいよこして欲しいです
蜜璃
蜜璃
そうね…
あなたちゃんが心配だわ
超屋敷には蜜璃ちゃんが来ていた

蜜璃ちゃんは遊びに来てはあなたちゃんの話をする
蜜璃
蜜璃
あなたちゃん無事よね…?
しのぶ
しのぶ
えぇ…きっと
冨岡さん、だから皆に嫌われるんです

こういう大事な連絡1つせず

全部1人でしようとするから

竈門君や蜜璃ちゃん…私だって

あなたちゃんの事が心配なんです、大事なんです

私たちにも護らせてください
鎹鴉
鎹鴉
カァー!
冨岡義勇ヨリ手紙!手紙〜!
しのぶ
しのぶ
冨岡さんから…!
蜜璃
蜜璃
何て書いてあるの?!
しのぶ
しのぶ
あなたちゃんが目を覚ましたそうです…!
蜜璃
蜜璃
本当に?!
良かったわ〜!
私たちは手を取り合って喜んだ

ありがとうあなたちゃん

無事でいてくれて_


NEXT_