無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

🌧
あなた

ここか…!

確かに鬼の気配

それに…何体もいる?
あなた

…まずいな

あちこちで刀の音がする

他の隊員も戦ってるんだ

早く行かなきゃ_
--------
鬼の気配がするのはもう少し先

誰かが傷つけられる前に

早く…早く!
炭治郎
炭治郎
『あなたに会えて嬉しいな』
あなた

え…

何で今に限って思い出すの

だめ…集中しないと

鬼の居場所は目前なのに
伊之助
伊之助
馬鹿か、お前
そういうの“好き”って言うんだぜ
どうして…?

伊之助の言葉が頭から離れない
あなた

“好き”_?

私は_

その途端走るのをやめてしまった

足が動かなくなったんだ
鬼
美味そうな匂いがする
若い女の匂いだ
あなた

…はっ!

気づいた時にはもう遅く

鬼が目の前にいた

その笑った顔は私を凍りつかせた
鬼
まずはお前からだ
だめ…このままじゃ…

動け、動け…!
義勇
義勇
あなた!
あなた

え…

グサッ


NEXT_