無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

🌧
義勇side

あれは今から4年前の事だった
蜜璃
蜜璃
お館様…どんな用事なのかしら?
杏寿郎
杏寿郎
でもお館様のことだ!
きっと何か大事なことだろう!
耀哉
耀哉
皆、集まってくれてありがとう
この時のお館様は

まだ容態も悪くなく

病気もさほど進行してはいなかった

小芭内
小芭内
今日はどうされたのですか?
耀哉
耀哉
実はね鬼の情報が出たんだよ
“原初の鬼”のね
杏寿郎
杏寿郎
よもや!
それは本当の事なのだろうか?

でもお館様からの報告だ

確かなのは間違いない
しのぶ
しのぶ
まさか姿を現すなんて…
“原初の鬼”は俺たち鬼殺隊が

ずっと追ってきた鬼

1番最初に誕生した

この世でただ1体の鬼だ
耀哉
耀哉
今回は柱で行ってきておくれ
杏寿郎
杏寿郎
御意!
------------
ただ“原初の鬼”ということだけあって

まだ力は弱い

だからこそ今、滅殺しなければならない
しのぶ
しのぶ
この方角で合っているんでしょうか
義勇
義勇
…お館様が仰ったことだ
間違いない
蜜璃
蜜璃
あら…雨だわ
さっきまで満月だったのに

いつの間にか雨が降ってきた

何だか嫌な予感がする
義勇
義勇
急ごう
俺たちが目指す村まで

あと少しだ
NEXT_