無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

🌧
炭治郎side
炭治郎
炭治郎
はっ…はっ…!!
何なんだ、この鬼

今まで滅してきた鬼とは強さが非じゃない

匂いも全然違う
鬼
こんなものか?
そう言って不気味に笑う鬼

ダメだこのままじゃ…

あなた

炭治郎_

そうだ…

あなたが待っている

俺を待っているあなたの為にも

この鬼を倒さなくては
炭治郎
炭治郎
あ…
鬼
ほう…雪か
目の前を舞う白い雪

この時期に雪なんて降るんだな
鬼
この白い雪にお前の赤い血を染めたら
さぞ綺麗かろうな…
炭治郎
炭治郎
その前にお前の首を斬る
鬼
勇ましい餓鬼だ
炭治郎
炭治郎
ヒノカミ神楽 火車!!
鬼
ぐっ…
------------
灰になっていく鬼から

別の鬼の匂いがする
炭治郎
炭治郎
教えてくれ
お前の他に別の鬼の匂いがする
それは何故だ?
鬼
言わない…
だがこれだけは教えてやろう
お前ら鬼殺隊は近いうち
我ら鬼にひれ伏すことに…!
それだけ言い残すと

鬼は灰になって消えていった
炭治郎
炭治郎
どういう意味だ…
今の鬼の言葉の意味…

何か深い意味がありそうだ

嫌な匂いが漂う
炭治郎
炭治郎
あっ…
気づけば日は傾いていて

雪はどんどん強さを増していく
炭治郎
炭治郎
積もりそうだ…
早くあなたの所に…!
あなたとの時間はとっくに過ぎている

ごめんなあなた…

俺は急いでその場を後にした

NEXT_