無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

🌧
炭治郎は私の名前を呼ぶと

懐かしむように遠くを見ていた

何か思い出してるのかな
炭治郎
炭治郎
…あなたは来世って信じるか?
あなた

来世?

炭治郎
炭治郎
あぁ…
来世は鬼がいないんだ
そんな世界で他の皆やあなたに会って
今度こそ幸せに生きたい
炭治郎がそんな風に思っていたなんて…

知らなかった

“幸せ”か_

本当に皆が望む幸せって何なんだろう
炭治郎
炭治郎
俺も家族を殺され禰豆子は鬼にされた
そんな事が起きるのはもう嫌なんだ
そっか…炭治郎も家族を…

炭治郎も辛かったよね

そう、私だけじゃない

鬼に大切なものを奪われたのは

あなた

…そうだね

でも炭治郎

私はそうは思わない

“鬼のいない世界”

それは私が強く願ったこと

だけど今だからこそ思う

そんな世界じゃなくて良かったって
あなた

炭治郎、私は_

炭治郎
炭治郎
しっ…!あなた…
あなた

うん…炭治郎も感じたよね

背中がゾクッとするような

禍々しい気配

この正体は一体_
鎹鴉
鎹鴉
雨宮あなた 竈門炭治郎!
鬼ガ出タァ!柱ト交戦中!
“原初の鬼”注意セヨ!
原初の鬼が姿を現したっていうの

ここまで気配が伝わってくるなんて…

信じられない
炭治郎
炭治郎
原初の鬼って…まさか!
あなた

うん…話の通り
私の敵討ちの相手で
最初に生まれた元凶の鬼

義勇さん達が戦っている

急いでいかないと

原初の鬼…

今度こそこの手で全て終わらせてやる
炭治郎
炭治郎
行こう、あなた
あなた

うん…!

NEXT_