無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第115話

🌧
あなた

うっ…はぁ…はぁ!

やったの…?

原初の鬼の頸を斬った…?
鬼
…強いね
あなた

全てはお前の頸を斬るため

呼吸がしづらい

体にも、もう力が残されていない

こうやって話すのがやっとだ
鬼
もう限界のようだね
そう

今のでとどめをさせていないと

私たちは負ける

もう戦える人がこの場所にいない
あなた

お互いさまでしょ…

鬼
はは…そのようだね
原初の鬼の鬼は少しづつ

体が灰になって消えていく

良かったんだ、これで

やっと仇がとれた
鬼
地獄ってどんな所だろうね
あなた

残酷な所さ

鬼
…そうだね
こんなはずじゃなかったのにな
何で…?

この鬼はこの世界の元凶

私が1番憎んでいた相手

それなのに何で

こいつからはこんなに悲しい気配が漂うの
鬼
次生まれ変わったら
鬼になんてなりたくないよ
私だって普通の…
そうだ

この鬼だってもっと別の道があったかもしれない

こいつだって幸せを求めていたんだ

神様

どうか原初の鬼が生まれ変わったら

この鬼にも普通の幸せを_
あなた

…地獄で罪滅ぼしを

そして原初の鬼は消えていった

皆…私やり遂げたよ

もう心配しなくていいよ

後はどうかゆっくり眠って

あなた

さようなら…

全部終わったんだ

私にとってこの4年は長かった

苦しかった 辛かった

だけどやっと解放される
あなた

母さん…皆…

日輪刀を抱きしめたまま

私はしばらく涙が止まらなかった

今まで私が背負ってきたものは

あまりにも重すぎたんだ
NEXT_