無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🌧
炭治郎side

鎹鴉に言われて鬼狩りに来ていた

何体もいて厄介だな…

でも俺がやらないと_
炭治郎
炭治郎
ヒノカミ神楽 碧羅の天!
鬼
ぐはっ…!
炭治郎
炭治郎
はぁ…はぁ
よし、この調子で…

あれ…?
炭治郎
炭治郎
この匂い…人の血の匂いだ
それもかなり濃ゆい

きっと出血の量が多いんだ

早く助けに行かないと_
炭治郎
炭治郎
急がなきゃ
でも血の匂いを辿ってついた先には
炭治郎
炭治郎
え…あなた…なのか?
あなた

はぁ…はぁ…!

赤い瞳をギラギラと光らせ

灰になって消えていく鬼の死体に

何回も刀を刺すあなたがいた

炭治郎
炭治郎
何だ、これ…
あなたの近くには背中に傷を負った義勇さんがいた

そうか、血の匂いはこの人の_
しのぶ
しのぶ
竈門君…!!
蜜璃
蜜璃
あなたちゃんを止めるのを手伝って!
お願い…!
2人が駆けつけたと思えば

必死に俺にそう告げた

一体どうなってるんだ

俺はすぐに理解出来なかった


NEXT_