無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

🌧
あなた

うっ…

気がつくと

知らない場所で横になっていた
しのぶ
しのぶ
あら…気がつきましたか?
あなた

……っ

しのぶ
しのぶ
そんなに警戒しなくても大丈夫ですよ
私たちはあなたの味方です
誰この人…?

どうして私はこんな所にいるの?

そしてここはどこ?
しのぶ
しのぶ
疑問に思う事はあるかもしれませんが
とりあえず私に着いてきて下さい
あなた

……

この人からは

悪い気配はしない

言う通りにしても大丈夫だろう

だけど信用しているわけじゃない
しのぶ
しのぶ
お館様
連れてきました
耀哉
耀哉
ありがとう、しのぶ
“お館様”と呼ばれたその人は

私に優しく微笑んだ

何だろう…凄く落ち着く
耀哉
耀哉
君があの村の生き残りだね?
あなた

……

しのぶ
しのぶ
ショックが大きかったようで
言葉を話すのは難しいかと…
耀哉
耀哉
そうか…それはすまない
皆集まってくれ
そう言った途端

サッとその人の前に

9人の人達が集まった
耀哉
耀哉
今日から君達で
この子を護ってくれ
何を言っているの?

“護る”…?

ふざけないで
NEXT_