無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

🌧
義勇side
耀哉
耀哉
今日から君達で
この子を護ってくれ
お館様からそう言われたものの
蜜璃
蜜璃
あの〜…お名前は?
あなた

……

俺たちがどう話しかけても

応えない

これは困ったものだ
杏寿郎
杏寿郎
これからどうやって
この子を護っていこう!
そう、それが1番問題だ

いつまでも屋敷に置いておくわけにはいかない

だとすれば
しのぶ
しのぶ
誰かの家に住まわせるのが1番かと
あなたはどう思いますか?
あなた

……

やはり無言か…

無理もない

たった一夜で全て失ったのだから

それにこの少女…
義勇
義勇
俺が預かろう
どことなく

昔の俺に似ている気がする

そんな子を放っておけない
しのぶ
しのぶ
冨岡さんが?
義勇
義勇
ああ…
俺と共に来るか?
あなた

……

その時、少女は

俺の手をキュッと掴んだんだ
NEXT_