無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

🌧
義勇side
義勇
義勇
すまない
あなたが出て行った後

俺はお館様の屋敷に呼ばれた

何でも柱全員に招集がかかったらしい
小芭内
小芭内
お前は時間も守れないのか
そんないい加減な態度だから…
しのぶ
しのぶ
まぁまぁ…落ち着いて下さい
しかしお館様は

一体俺たちに何の話をなさるつもりだろうか

ここ最近は鬼の活動が減っている

それもそれでずっと気になっているが…
耀哉
耀哉
やぁ、皆
よく集まってくれたね
杏寿郎
杏寿郎
お館様!
今日はどういったお話が!
耀哉
耀哉
それについては
しのぶが話してくれるよ
しのぶ
しのぶ
御意
そう言って胡蝶は静かに立ち上がった

手に何か持っているようだ

あれは…採血したものか?
しのぶ
しのぶ
これは先日の任務で滅した鬼から
採った血です
鬼の血…

そんなものをどうして持ち込んだんだ
しのぶ
しのぶ
この血を調べたら
原初の鬼と同じ血が混じっていました
義勇
義勇
…!!
天元
天元
…つまり自分の血を分け与えて
より強い鬼を増やしているという事か?
しのぶ
しのぶ
…おそらく
もしそうだったとしたら…

早めに手を打たないと事態は最悪になる

それにここ最近鬼の情報が少ないのも

不気味に思えてくる
しのぶ
しのぶ
またあの時の悲劇を繰り返さない為には
蜜璃
蜜璃
一刻も早く原初の鬼の場所を割り出さなきゃ
あなた…

もうかなり危ない状況だ

おそらくは死闘の連続になるだろう

だがこの先何があっても

お前は俺が護る
NEXT_