無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

🌧
あなた

村を…皆を返して!

鬼
それは無理だな
全部無くなっちゃったもの
どうして…どうして

村を壊して人を喰べて

全部を奪ったのに

こんなに平穏な顔をしていられるの
鬼
この村は特別でね
何せ『稀血』の集まる村だから
あなた

『稀血』…?

稀血…?

何それ

この村の人たちは普通の人と変わらない

何の特別もない人でしょう?
鬼
君、稀血を知らないのかい?
残念だね、こんなにおいしい血なのに
おいしい…?

そんなくだらない理由のせいで

村を襲ったっていうの

鬼
力が湧いてくるよ
ああ、今宵はとても幸せだ
あなた

許さない…
そんな勝手な理由で全部…!

稀血…

特別な血だなんて嘘だ

この血は呪われている

この体に流れる血のせいで

皆…皆殺されたんだ
鬼
許さないだなんて…
君に何が出来るんだ?
ただの弱い女の君に
あなた

…ふっ…

鬼
おや
口を噛みすぎて血が出てるよ
稀血がもったいない
稀血…稀血…

そんなにこの血が好きなら

いくらでもくれてやろう
あなた

お前を地獄に落とした後にな!

鬼
泣けるね
無力だっていうのに
それでも私の頸を斬ると?
あなた

黙…うっ

一瞬首に痛みがはしったかと思うと

視界が一気に真っ暗になった

何が起きたの…?
鬼
やぁ…随分遅かったじゃないか
NEXT_