無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

🌧
あなた

まだかな…

時計をみると

もう3時はとっくにまわっていた
何かあったのかもしれない…

大丈夫かな?

でも炭治郎を信じて待つしかない
あなた

今日は寒いな…あっ

空を見上げると

チラチラ雪が降ってきた

こんな時期に珍しいな
あなた

…綺麗

降り積もる雪は

とても綺麗で

ずっと見ていたいくらいだった
あなた

炭治郎_

お店の人
お店の人
あの…
雪も降ってきて寒いでしょう?
店に入って…
あなた

ありがとうございます
でも…

炭治郎だってこの寒い中頑張っているかもしれない

だから私も外で炭治郎を待つって決めたの
あなた

ここで待っていたいんです

お店の人
お店の人
そうですか…
いつでも中へいらしていいですからね
あなた

はい、ありがとうございます

炭治郎

今どこにいるの?

どうか炭治郎の身に何も起こっていませんように

あなた

遅いな…

NEXT_