無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🌧
声がした方角へ行くと鬼と隊服を来て倒れている男の子がいた

その男の子は血まみれで瀕死の状態だった

やだ…もう誰も死なないで_
あなた

あなた…大丈夫?

炭治郎
炭治郎
うっ…ゴホッ!
あなた

良かった、まだ息はある

鬼
そいつをよこせ!
あなた

この人は鬼殺隊…私の仲間だ
これ以上手出しをするならお前を斬る

鬼
はっはっは!
そんな小さな体で何が出来る
あなた

雨の呼吸 壱の型
時雨

鬼
ぐはっ!
(刃を振るのが見えなかっただと?!)
あなた

もう誰も死なせない







NEXT_