無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

146
2021/08/17

第30話

𓀤










昨日の終業式は地獄のように暑かった .
何人か倒れたらしい .
ユンギ先生には

SG.
SG.
 お前ら , ご飯食べないのか? 

って煽られました . 解せぬ .
ユンギ先生許すまじ . これテストにでるかんな .
という風に(?)ユンギ先生を憎んでいるんですけど , 今化粧なうなんですよね〜 .
集合時間まで1時間くらいあるので , いつもより丁寧にメイクをする .
YouTubeを見ながらメイクをしていると , ホビオッパがご飯を作って持ってきてくれた . 神 .

『メシウマ メシウマ メシウマ メシウマ メシウマ メシウマ』
と , すしらー○んりくさんの動画からそんな音声が聞こえてくる .
やっぱYouTubeおもろい .
ホビオッパのご飯を食べながらYouTubeを見ていると , いつの間にか出発の時間が近付いていた .
やばい . まじめに .
急いでメイクを終わらせて着替え , 玄関に向かう .

JH.
JH.
 気を付けなね!! 

と , ホビオッパが不安そうに言う .

U*.
U*.
 分かった〜! 

と元気に返事をして , 私は家を飛び出して駅に向かった .















>>>>>>>>NEXT