無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

202
2021/08/03

第22話

𓀤










ジミン先生が私の隣の席に腰掛ける .
その動作の一つ一つが , すごく優雅だ .


U*.
U*.
 どうしたんですか? 
JM.
JM.
 暇だから . お話したいなって . 


ジミン先生が私の顔を覗き込む .
あの , 鼻血出るんで離れてもらっていいすか(((((


JM.
JM.
 ふふ , あなたさん顔赤いㅋㅋ 
U*.
U*.
 えっ , ちょ , 辞めて下さいよ! 
JM.
JM.
 ㅋㅋㅋㅋ 


突然からかい出すジミン先生 .
意識しちゃうから…やめてよって言いたいけど , 言えない .
この時間が幸せだから .
自惚れている私は駄目ですか?
少しの幸せを噛み締めたっていいじゃない .
でも , その幸せをぶち壊すのは , いつもきみなんだよね .


 TH.
TH.
 よ〜あなた! 
 TH.
TH.
 遊びに来たぜ☆ 
U*.
U*.
 単純に邪魔 
JM.
JM.
  プッ (ㅋㅋㅋㅋㅋㅋ) 
 TH.
TH.
 なんでそんな冷たいの!?北極!? 
U*.
U*.
 帰れ 
 TH.
TH.
 え~~~~~~~~ジミン先生狡い~~~~~~~~ 
JM.
JM.
 そう言われてもなぁㅋㅋ 
 TH.
TH.
 そこ譲れ! 
JM.
JM.
 やだね , あなたと話すの楽しいから 
U*.
U*.
 ……!! 
 TH.
TH.
 お , マウント取りやがったな? 
JM.
JM.
 さぁ? 



  "あなたと話すの楽しいから"  
その言葉が何度も脳内を駆け巡る .


U*.
U*.
💭 呼び捨て…/// 



頭がキャパオーバーしそう .
てかいつの間にかテヒョンの標的ジミン先生だし…
助けてくれたのかな .
考えすぎかな .
なんて , 貴方に期待するのは許されないこと?















>>>>>>>>NEXT