第33話

30
762
2021/09/18 09:22
デク(怖い人達…クラス違うとありがた…)










あなた(イズっくんの青春のために…!)










飯田「机に足をかけるな!雄英の先輩方や机の製作者方に申し訳ないと思わないか⁉」










爆豪「思わねーよ てめーどこ中だよ端役が!」










デク 2トップ!!










あなた「イズっくんイズっくん!」










デク「な、なぁに?あなた…」










あなた「たぶん彼もいい人だよ!」










あなた「苦手意識持たずに!ね!」










デク「そうだよね…!」










デク「……」










爆豪「デク…」










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

爆豪「どんな汚ぇ手使やあ無個性が受かるんだ」










爆豪「あ!!?」










デク「っ…!!」










爆豪「史上初!唯一の雄英進学者」










爆豪「俺の将来設計が早速ズタボロだよ!」










爆豪「他行けっつったろーが!!」










デク「いっ…っ、言ってもらったんだ」










デク「『君はヒーローになれる』って…!」










デク「かっちゃん…!」










デク「『勝ち取った』んだって…!」










デク「僕は行くんだ…!!」

























あなた「…え、ちょっ何やってんのかっちゃん!」










あなた「手ぇ離しなよ…!」










爆豪「…チッ、」










あなた「イズっくんは実力で受かったって言ったじゃん」










爆豪「無個性のてめーが…」










あなた「発現したんだよ!きっと」










あなた「いいじゃない?また三人で通えるんだから!」










あなた「将来なんてこれからでしょ?」










あなた「それに…!かっちゃんの個性は強いしカッコイイよ!」










爆豪「…未だに個性教えてくれねぇやつに言われても嬉しくねぇわ…//」










あなた「それは……」











あなた「それはごめん(苦笑)」










爆豪「………」










デク「あ、…ええと…帰ろうか…あなた」








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作者:家帰って早々に

友達数人とディスコ繋ぎながら

この話書いたよう…

疲れたぁ…

でも好きなことだから

疲れは少ないね☆