無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

次の日ー
おっすおらあなた!
朝から元気がいい!
なんでって?
今日は、、、、待ちに待った、、、、、
あなた
休みだぁぁぁぁぁぁあ!!((グイッ
私は上に向かって大きくせのびをした
あなた
はぁぁぁぁぁぁぁ
あなた
と言っても暇なんだけどね
……
あなた
することない(ボフッ
ベットに飛び込んだ
カサッ
なにか私の体のどこかから音がした
あなた
んーなんだろ(ガサガサ
あなた
アッ…ショートピース
私は昨日のショートピースを見つけた
あなた
だからといって何かある訳でもないけどね
そう言って手に持っていたショートピースを枕元においた
天井をじっと見つめ思った
あなた
LINEしてみっか
スマホを取り出し時間を確認(8時ぐらい)からのLINEをひらき


そして"彼"との会話の履歴を見る



すると一言7時ぐらいの履歴で



『おはようございます٩(*´꒳`*)۶』

と書いてあった
あなた
絵文字可愛いかよ((ボソッ
『おはようございます(*^^*)』





とだけ送り
私はスマホの電源を落とした