無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

607
2019/06/26

第2話

1話
ある日ふつうに暮らしてた日に突然私にとって大きなことが起きた……
それは…………



ー家ー
壮吾
壮吾
あなたちょうどいいところにいた
貴方
貴方
どうしたの
壮吾
壮吾
お願いがあるんだ
貴方
貴方
で?
壮吾
壮吾
あのさ僕たちのマネージャーになってくれるかな?
貴方
貴方
は?
貴方
貴方
ちょっと意味がわからない
壮吾
壮吾
僕が入っている男性アイドルグループのマネージャーになって欲しいんだ
貴方
貴方
……
壮吾
壮吾
7人グループでIDOLiSH7って言うグループ
貴方
貴方
へー
壮吾
壮吾
どうかな?
貴方
貴方
……
壮吾
壮吾
しっかりと考えてみて
それか明日体験してみればいいし
貴方
貴方
明日体験させて
壮吾
壮吾
わかったよ
壮吾
壮吾
みんなに伝えてくる
壮吾
壮吾
明日迎えに行くよ
貴方
貴方
お願いします
そして……体験の日になった
壮吾
壮吾
あなたー迎えにきたよー
貴方
貴方
今行くね
事務所
小鳥遊社長
きたね
貴方
貴方
今日一日よろしくお願いがします
小鳥遊社長
じゃ担当してもらうグループに自己紹介させてもらうから
小鳥遊社長
もうすぐくるはず
陸
社長ー失礼します!
小鳥遊社長
きたね
小鳥遊社長
昨日言ったとうり今日一日体験でマネージャーをしてくれる方だ
小鳥遊社長
みんな自己紹介してくれ
陸
はい!
陸
俺はIDOLiSH7のリーダーの七瀬陸です!
今日一日よろしくお願いします!!
一織
一織
僕は和泉一織です
よろしくお願いします
環
あー俺か?
壮吾
壮吾
そうだよ
環
俺は四葉環
まぁよろしく
壮吾
壮吾
ごめんね
礼儀なってなくて
貴方
貴方
いいよ別に
ナギ
ナギ
僕は六弥ナギと言いまーす!
よろしくお願いがしまーす!
三月
三月
俺は和泉三月だ!
和泉一織の兄だ!
よろしくな!
大和
大和
俺は二階堂大和
まぁよろしくね
貴方
貴方
はい
貴方
貴方
私は逢坂壮吾の双子の妹
逢坂あなたと言います
一日よろしくお願いがします
三月
三月
よろしくな!
一織
一織
あの社長この人ちゃんとマネージメントできるんですか?
三月
三月
おい!
この人はないだろ!
貴方
貴方
別にいいですよ
小鳥遊社長
それは今日で見分けてもらいたいな
一織
一織
そうですか
一織
一織
わかりました
貴方
貴方
貴方が……第2のパーフェクト高校生ですか……
貴方
貴方
お手並み拝見です
陸
第2?
大和
大和
前にいたって言うことか?
貴方
貴方
そうですよ
それがその私です
一織
一織
それは驚きですね
三月
三月
あー!なんか堅苦し!
三月
三月
もう全員タメ語な!
三月
三月
一織!
今日一日でわかるんだからそこまで聞かなくてもいい!
一織
一織
すみません
三月
三月
いいんだよ
ナギ
ナギ
あなたさんはとってもウツクシイ
貴方
貴方
はい?
貴方
貴方
ナギさん急になんなの?
ナギ
ナギ
クールなのもいいデスネ!
貴方
貴方
女たらし……
ナギ
ナギ
私は女たらしなどではありマーセン
三月
三月
お前はやめろ!
ナギ
ナギ
ミツーキいいじゃないですかー!
貴方
貴方
うるさ
壮吾
壮吾
ごめんね
貴方
貴方
壮吾は壮吾で謝りすぎ
大和
大和
たしかにそうだな
環
怖くないのか?
貴方
貴方
何が?
環
そうちゃんが
貴方
貴方
どうして?
もしかして壮吾がなんかした?
環
うん
包丁向けてきたりしてたあといっぱい
貴方
貴方
あぁいつものことか
貴方
貴方
怒るとそうなるから気をつけて