無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

551
2020/05/29

第4話

着替えの時の話
麗日 お茶子
いやー光ちゃんすごかったねー
髪の毛の色変わったけどあれ何?
口調も変わっていたし
蛙吹 梅雨
そうね人格も変わっていたように見えるわ
八百万 百
そうですね闇さんという方はだれですか?
髪の毛の色が水色と黒に代わりましたわ
芦戸 三奈
お・し・え・て・よ
葉隠 透
なんでなんで
爆豪 光 「ばくごうひかり」
・・・・・・・・・・・・・・・
耳郎 響香
ちょっと光が困ってるじゃん
ごめんね うちは耳郎 響香
よろしく
蛙吹 梅雨
ごめんなさい 蛙吹 梅雨よ
梅雨ちゃんと呼んで
八百万 百
すみません つい取り乱してしまって
八百万 百ですわ
好きなようにお呼びくださいまし
麗日 お茶子
うちは麗日 お茶子
呼び方はなんでもええよ
よろしくね光ちゃん
葉隠 透
私は葉隠 透だよ
よろしくね光ちゃん!
芦戸 三奈
爆豪ーわたし芦戸 三奈
よろしくねっ
爆豪 光 「ばくごうひかり」
えぇっと 響ちゃん 梅雨ちゃん
百ちゃん お茶子ちゃん 透ちゃん
三奈ちゃん よろしくね
女子   「光以外」
よろしく/ね/おねがいしますわ
まどまど
まどまど
今回ここまでPlus
女子   「光以外」
Ultra 
爆豪 光 「ばくごうひかり」
Ultra