無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15
お団子が食べ終わると
不死川実弥
さてそろそろ帰るか
あなた

本当にご馳走になっていいんですか?

不死川実弥
おう約束だからなァ
あなた

ご馳走様でした!

時透無一郎
ご馳走様でしたー
不死川実弥
てめぇはちゃっかり何食ってんだよォ……
時透無一郎
あんみつ
あのあと霞柱様はあんみつが食べたいと言って注文し、さりげなく風柱様にお会計をなすり付けていた。



不死川実弥
クソがァ……
仕方ねぇから払ってやらァ
時透無一郎
やったー


甘味処を出て
不死川実弥
あなたはそのまま屋敷に戻んのかァ?
あなた

はい!

不死川実弥
時透、テメェは?
時透無一郎
あなたに着いてく
あなた

えっ

時透無一郎
ダメ?
あなた

い、いえ!そんなことは!!

不死川実弥
じゃあ送りは要らねぇなァ
時透無一郎
あなたは僕と居るの
不死川さんは早く任務に行きなよ
不死川実弥
俺も帰るんだよォ!!
時透無一郎
あっそ、早く帰ったら??
不死川実弥
ビキッ
あなた

え、えと、あの、

あなた

か、風柱様……?

不死川実弥
あ?
あなた

また、一緒の任務になったら甘味処一緒に行ってくださいますか?

ビリビリした空気を何とかしたくてそう言うとギロっと見られたが直ぐに
不死川実弥
……おう
と、少し柔らかい表情に戻ってくれた。



あなた

またお会い出来る時には階級をあげておきますから!
いつかお姉ちゃんと同じくらいに強くなって見せますから!

不死川実弥
おーおー頑張れやァ
じゃあな
あなた

は、はいっ!
また!!

時透無一郎
ばいばーい
風柱様に別れをつけで霞柱様と一緒に甘露寺邸へと戻る。
あなた

ただいま戻りましたー

時透無一郎
おじゃましまーす






シーン……










あなた

お姉ちゃん居ないみたいですね

時透無一郎
だね
あなた

ま、いっか
霞柱様、お茶入れますね

時透無一郎
ありがと
お茶と茶菓子を用意して縁側に持っていく。



あなた

お待たせしまし……きゃぁっ!

時透無一郎
!?
ちょっとした段差につまづいてしまい、転びそうになる。



あなた

(お茶とお菓子がー!!)

怖くてぎゅっと目を瞑った。



ガシッ!!と受け止められ、お茶たちが落ちる音も、私に痛みも来ない。



そー……っと目を開けると
時透無一郎
はぁ……なにやってんの?
あなた

あ、あわわわわ……!!!

霞柱様に抱きとめられ、お茶とかのお盆も持ってくれていた。



時透無一郎
大丈夫?怪我は?
あなた

な、ないです!!/////

ぴゃっ、と離れて少し離れた所に土下座を思いっきりした。
時透無一郎
そ、ならいいけど
時透無一郎
……なんでそんなに離れるの
かたん……とお盆が置かれて霞柱様が私の目の前にやってくる。



詰め寄ってくる霞柱様から後ずさりをしながら逃げていく。




けれど







トンッ……







あなた

あっ……

時透無一郎
つーかまえた
背中が壁に着いてしまった。




そして目の前には少し楽しそうな顔の霞柱様。



あなた

えと、あの……/////

時透無一郎
ん?何?
あなた

ち……近いです

時透無一郎
うん、そうだね?
あなた

(ひぇえぇぇ)

綺麗なお顔がだんだんと迫ってくるのは心臓にとても悪いです。





霞柱様はとても楽しそうで……
でも私は心臓がバクバクしてお口からこんにちはしそうです……
時透無一郎
あなたってさ、
あなた

は、はい

時透無一郎
好いてる人いるの?
あなた

えっ

時透無一郎
好きな人。あ、恋愛的な意味でね?
こてんっ、と首を傾げてそう問うてくる。




「いる」なんて本人を目の前にして言っていいものか……?
時透無一郎
いないの?
あなた

え、えと……/////
…………い、います/////

時透無一郎
誰?僕の知ってる人?
あなた

(知ってるも何も霞柱様、貴方です)

あなた

/////

顔の火照りが収まらない。



だって本人を目の前にしてそんなに話せるかって……ね?
時透無一郎
……もしかして、不死川さん?


思いもしなかった人の名前が出て
あなた

えっ!?

驚いてしまった。


あなた

なんで、

時透無一郎
だってさっきだって一緒に甘味処にいたし
すごく楽しそうだったじゃないか
あなた

でもあれは……!

時透無一郎
任務の約束だったんでしょ?
時透無一郎
僕とは合同任務になったことないし、そんな約束したこともないじゃないか
時透無一郎
任務は僕たちが決められることじゃないから仕方ないけど……
約束は別に任務がなきゃダメ、なんてことないじゃん
時透無一郎
あぁ、それともあなたの同期の2人のどっちかかな?
時透無一郎
あの二人もあなたの事よく見てるもんね?
あなた

霞柱様……?

時透無一郎
ねぇ、誰なの?
時透無一郎
言わないと……
あなた

ズイっ……と顔が拳一個もないくらいまで近づいてくる。

時透無一郎
口付け、しちゃうよ?
なんて真剣な顔で言ってくる。