無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第91話

90
隠の方が一般人を避難させている横を通った。



炎柱様達だ!
お願いします!!
そう声が聞こえた。



頼りにされている。


それだけで力が湧き出てくる。





宇髄天元
雛鶴ーっ!!!
あなた

!!

少し遠くに雛鶴お姉ちゃんが鬼に顔を掴まれていて宇髄さんが血だらけなのに助けようとして助けに行けないという状況が出来ていた。





ゾワッと毛が逆立つ感覚になった。




あなた

っ!!

拓海達を置いてシュッと姿を消し、
あなた

炎の呼吸 壱ノ型 不知火

妓夫太郎
!?
男の鬼の腕を斬った。



雛鶴お姉ちゃんの前に立ち、
あなた

ねぇ、何してくれてんの

雛鶴
あなたちゃん、
妓夫太郎
なんだぁあ?柱か?
あなた

質問に答えろ
今、お前は誰に何をしようとしていた

妓夫太郎
その女が邪魔だったからよぉお
殺して食ってやろうとしただけだ
あなた

そう、
.......雛鶴お姉ちゃん、下がって
ここからは私がやるから
須磨お姉ちゃんも、まきをお姉ちゃんも連れて今すぐ戦闘圏外に逃げて

雛鶴
でも、
あなた

お姉ちゃん達は鬼殺隊じゃないでしょう
この鬼は上弦の鬼
お姉ちゃん達が適う相手じゃないんだよ
お願いだから

雛鶴
.......分かったわ
妓夫太郎
おい何を話してやがんだ?
俺の質問に答えろよぉお!
1度日輪刀をしまって
その鬼に向かい、
あなた

申し遅れました
私、鬼殺隊炎柱をやらせて頂いております
甘露寺あなたと申します
僭越ながらこれより貴方のお相手をさせていただきます

そう言ってぺこりと頭を下げた。


妓夫太郎
へぇ、礼儀正しいやつは好きだぜぇえ
なら俺も教えてやるよぉお
俺は上弦ノ陸、妓夫太郎っていうんだ
あっちで帯を使ってるやつが妹の堕姫
2人で上弦ノ陸をやってる
あなた

そうですか

宇髄天元
(なんだ、あなたの様子がいつもと違う)
妓夫太郎
さっきの女をお姉ちゃんって呼んでたが姉か??
あなた

違うよ
お姉ちゃんみたいに優しくしてくれてる人
弱い私を支えてくれてるの
だから皆を傷つけるような貴方たちを私は許さない
私を認めてくれる皆を誰一人として!!
死なせる訳にはいかない!!
私は!!
炎柱だから!!ここに居る人達をこれ以上死なせない!!

あなた

炎の呼吸 肆ノ型 盛炎のうねり!!

妓夫太郎
!!
キィンッ!!と妓夫太郎の腕に生えている釜みたいなので弾かれた。


けれどそんなの関係ない。



私は、
あなた

私は私の責務を全うするだけ!!

煉獄さんのように、熱く、誇り高く皆に頼られるように、認められるようになりたい。




だから宇髄さんも、雛鶴お姉ちゃん達も炭治郎達もみんな守ってみせる。
妓夫太郎
カカッ!!
女だからと侮っていたらダメみたいだな!
かなり強いじゃねぇかぁあ
あなた

私なんてまだまだよ!
努力はいくらしても足りない!!
皆に追いつく!!

宇髄天元
あなた!!そいつの鎌に気をつけろ!!
毒に侵される!!
あなた

はい!!

妓夫太郎
血鬼術・飛び血鎌
あなた

炎の呼吸 肆ノ型 盛炎のうねり

宇髄さんが鎌に気をつけろと言われる前にもう直感でわかってた。
だって宇髄さんの動きが鈍いんだもん。
いつもあんなに豪快に動くのに。



血を流して、動きにくそう。
元忍って言ってたから毒とかに耐性があると言っていた宇髄さんですらああなる。
なら私はもっとやばいだろう。





竈門炭治郎
あなたっ!
炭治郎も参戦しようとしてくれたけど
あなた

炭治郎はあっちの妹をやって!!
ここは私がやるから!!
向こうで善逸や伊之助、拓海達と!!
こっちは私が引受ける!!

竈門炭治郎
けど!!
あなた

命令だ!!
まず確実に頚を取ってこい!!

妓夫太郎の攻撃を避けたつもりがギリギリ髪留めにぶつかり、





バツン!!と弾けた。




妓夫太郎
ちぃっ、頚狙ったのに
右側がバサりと髪の毛が広がった。
妓夫太郎
お前面白い髪色してんなぁあ
その羽織も月明かりに反射してキラキラしてやがる
あなた

.......伊黒さんから、貰った髪留め

妓夫太郎
.......あ?
落ちてしまった髪留めを拾い、隊服の内側へとしまった。
あなた

ねぇ、人の大切なもの傷つけて楽しい?

妓夫太郎
何言って、
もう片方を解き、ポニーテールにする。
短めではある髪紐だがしっかりと結べる。



紐の先に着いた硝子玉がチリ、と擦れる。



あなた

鬼になる前のあなたを知らないけど妹と鬼になってるってことは家族が大切だったんだよね
どうして鬼になったの
どうして鬼になって私たちから仲間を奪おうとするの

妓夫太郎
うるせぇえ
だまれだまれだまれ!!
血鬼術 円斬旋廻・飛び血鎌
ギュルッ!!と血鎌が飛んでくる。