無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

49
何かを、決めたような表情で。




甘露寺蜜璃
あら?どうしたの?
麻耶
私も、鬼殺隊に入りたいって言ったら入れますか?
あなた

えっ

甘露寺蜜璃
!?
菊葉
麻耶!!あんた何を言ってるの!!
麻耶
あなたちゃんに助けられてからずっと考えていたんです!
普段はとっても可愛いのに、あんなに怖くて人を簡単に殺せてしまうような鬼をあなたちゃんは怯まずに傷だらけになっても私たちを庇って戦って.......!
あなた

.......

麻耶
私、女だからって舐められるのはもう嫌なんです!!
あなたちゃんみたいに強くなりたい!!
煉獄杏寿郎
.......君は、親兄弟は?
麻耶
.......いますが
煉獄杏寿郎
何か特殊体質などは?
麻耶
ないです
煉獄杏寿郎
近い人に鬼に殺された人物は?
麻耶
.......いません
甘露寺蜜璃
オロオロ.......
あなた

.......麻耶ちゃん、

煉獄杏寿郎
あなた、俺が言う
あなた

煉獄さん、

煉獄さんは立ち上がり、麻耶ちゃんの元へと移動して正座で座った。
煉獄杏寿郎
あなたに憧れるのはとてもいい事だ
剣を握ったこともないようなか弱かったあなたをここまで強くした俺と甘露寺はとても嬉しく思う
煉獄杏寿郎
しかしそのあこがれだけで鬼殺隊はやっていけない
鬼殺隊に所属する多くの隊士は親兄弟を鬼によって殺され、天涯孤独となった者だ
俺はそうでは無いが家が代々炎柱を務めている
甘露寺姉妹は親兄弟も存命だ
麻耶
なら、
煉獄杏寿郎
この2人は特殊体質だ
あなたの食べる量は知っているだろうか?
菊葉
はい、とても沢山食べてました
煉獄杏寿郎
そうなんだ
姉の方はもっと食べる
それは何故かといえば筋肉が常人の何倍も着きやすいんだ
現に握るだとかそういう単純な力ならば俺とて危うい
姉の方はそれもあって縁談を断られている
あなたもそんなところを何度も見ていて自分も同じだと思っている
煉獄杏寿郎
甘露寺姉妹はそんなこともあってこの鬼殺隊にやってきた
姉妹2人ともとても努力家で自分の居場所を見つけられたからと、
どんなに辛い修行も耐えている
煉獄杏寿郎
辛い事を言うようだが、君たちが来るような所ではない
鬼殺隊は憧れだけでやって行けるような生ぬるいところではないんだ
俺も甘露寺姉妹もいつ自分が死ぬか分からない
もしかしたら君たちの目の前であなたは死んだかもしれない
菊葉
えっ
あなた

.......

麻耶
あなたちゃんは、それでもいいの?
あなた

.......うん
私を、受け入れてくれた鬼殺隊の為ならいつ死んでもいい

麻耶
そんな.......!!
煉獄杏寿郎
かと言って直ぐに死ぬような鍛え方はしておらぬがな!
それくらいの覚悟を持っているのだ!
一般人である君たちを守るため、ただの肉壁となろうとも鬼殺隊は君たちを死なせる訳にはいかないのだ
煉獄杏寿郎
それに君達が襲われた時、何体の鬼がいたんだ?
菊葉
五体、
煉獄杏寿郎
ふむ、中々多いな
煉獄杏寿郎
もし君達が鬼殺隊に入り、そんな場面に出くわしたらあなたと同じ様に一般人をかばって自分自身がどんなに血を流しても、死にそうになっても戦い続けられるか?
自分の命よりも、一般人を優先できるか?
麻耶
.......
煉獄杏寿郎
即答できないのであればやめておきなさい
麻耶
.......ギリッ
煉獄杏寿郎
少しでも怖いと思うのなら、俺たちに守られていてくれ
あなたと、友達でいてやってくれ
彼女の支えとなってあげて欲しい
菊葉
.......麻耶、
麻耶
.......そう、ですよね
私なんかが、
ぽろりと涙を零した麻耶ちゃん。
煉獄杏寿郎
済まない、泣かせるつもりは.......
麻耶
いえ、煉獄さんは私達を死なせない為に言ってくださっていることくらい分かってます
軽はずみで入ってこられても困るなんて少し考えたらわかることです
あなた

麻耶ちゃん、

麻耶
あなたちゃん、私達.......友達だよね?
あなた

うん!!
お友達だよっ!!
こんな私を受け入れてくれるんだもん!!

麻耶
良かった.......
ハンカチで涙を拭う麻耶ちゃん。



煉獄杏寿郎
あなたと文通をしていると聞いた
とても嬉しそうにしているんだ
あなた

ちょ、煉獄さん!?

煉獄杏寿郎
どんなに疲れている時でも君達からの手紙を見ている時はとても嬉しそうなんだ
忙しくて中々返事が出来ないがな
殺伐とした鬼殺隊の中で少しでも癒しがあるのはとてもいい事だ
礼を言わせてくれ
ありがとう
そう言って煉獄さんは頭を下げた。
菊葉
えっ、ちょっ、
麻耶
頭をあげてくださいっ、
私たちはただ、お友達として文通をしているくらいで、
甘露寺蜜璃
私も他の人と文通をしているけれどとっても嬉しいのよ?
これからも続けてあげて?
あっ!そうだわ!
あなた

??

麻耶
菊葉
甘露寺蜜璃
今度今住んでるお屋敷に来てちょうだい!
ぱんけぇきをご馳走するわ!
煉獄杏寿郎
うむ!!それはいい!
俺はさつまいもを持っていこう!!
甘露寺蜜璃
ぱんけぇきに添えたら美味しそうだわ!
煉獄杏寿郎
うむ!!
きゃいきゃいと煉獄さんとお姉ちゃんが嬉しそうに話を始めた。
あなた

.......お姉ちゃん達が楽しそうでよかったよ、うん
麻耶ちゃん、菊葉ちゃん、ここを退院したらここには入れなくなるからさ
私の今住んでる家においでよ!

菊葉
いいの?
あなた

うん!
お姉ちゃんがいなくても私がいるからさ!

麻耶
うんっ!