無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

59
その日からは炎柱になったことがむず痒かった。





煉獄さんは上弦の参との戦いで左目が潰れ、みぞおちを貫かれた。



本来ならそこで死んでもおかしくなかったが奇跡的に助かったらしい。




あの後
お屋敷に実弥さんを連行して
あなた

なんで黙ってたの??

と実弥さんにグイグイ詰め寄ったら
不死川実弥
いや.......ほんとごめんってェ.......
って目を合わせてくれない。



それならと無理矢理押し倒して上からぎゅうっと抱きつけば顔を真っ赤にして
不死川実弥
やめろォ!!/////
あなた

あなた

ねぇ、なんで黙ってたの??

不死川実弥
う/////
あなた

私があんな状態になってるの知ってて黙ってたの??

不死川実弥
うっ.......
あなた

柱の皆して酷くない??

不死川実弥
.......
あなた

私が炎柱になるって言わなかったらどうするつもりだったの?
ずーっと黙ってた??

不死川実弥
.......
実弥さんは気まずそうにしているが知ったことではない。




普段お子ちゃま扱いするんだからこういう時はそれを最大限に使わせて頂こう。
あなた

私子供なんだからわかんないなぁ?

不死川実弥
こんな時ばっか、
あなた

なに?
だって私子供なんでしょう?
実弥さんいつも言うもんねぇ?

不死川実弥
うっ
不死川実弥
ほんとごめんって、
許せ、
あなた

嫌♡

不死川実弥
みたらし団子好きなだけ食わしてやるから、
あなた

.......

ジト目で見る。
不死川実弥
ぱんけぇきも好きなだけ食っていいから、
あなた

.......

不死川実弥
あの、本当に1回離れてくれませんかねェ.......
あなた

何で?

不死川実弥
俺のが、あの、ねェ?
あなた

ちゃんと言ってよ
何、抱きつかれるのいや??

不死川実弥
嫌じゃねぇんだけどォ.......
あなた

.......

ちゃんと話をしてくれない実弥さん。




さらにぎゅうっと力を込めると
不死川実弥
あ゛ー!!
本当にダメだって言ってんだろォ!!
あなた

だって何も言ってくれないじゃん!!
黙ってた理由も言ってくれない!!
こうして抱きつくのをやめろって理由も!!

不死川実弥
わかったわかった!!ちゃんと言うから!!
不死川実弥
抱きつくのを1回やめろってのはあなたの胸が押し付けられて俺のが.......反応しちまうから、
あなた

反応????

何が反応するのか分からなくてとりあえず
あなた

乳首?

不死川実弥
違ぇよ.......
違ったようだ。
あなた

じゃあ何よ、

不死川実弥
わかんねぇのかよォ.......
あなた

わかんないよ

不死川実弥
.......ボソボソ
あなた

??

あなた

なに、聞こえないよ

何か言ってたが聞こえなかった。




顔を真っ赤にした実弥さんは諦めたようで
不死川実弥
※※※だ/////
あなた

へっ.......?




そこに視線を移す。





あなた

反応って何?

不死川実弥
っあ゛ー.......
勃つって言ってんだよォ.......
あなた

勃つ??

不死川実弥
襲いたいの我慢してんの!!
あなた

/////

やっと意味がわかって私も顔を真っ赤にした。



ばっと身体を離して転がって部屋の隅に逃げた。



あなた

ゴメンナサイ/////

そうボソッと言うと
不死川実弥
聞こえませんけどォ?
転がってきたのか後ろから抱きついて実弥さんが今度は私に言ってきた。



あなた

仕返しのつもり!?

不死川実弥
どうだろうなァ?
ククッ、と笑う実弥さん。
あなた

さっき抱きつくなって言ったくせに実弥さんから抱きついてるじゃん!

不死川実弥
大人をからかったらダメだってコト教えてやんねぇとなァ?
あなた

えっ

そう言うと実弥さんは私をコロンっと仰向けにさせ、上から動けないように押さえつけてきた。




所謂「押し倒されている」状態。




そして隊服を少しはだけさせて首筋にちゅうっと吸い付いた。



あなた

や.......ちょっ、んッ!?

顔が近づいてきたかと思うと唇が合わさった。





ちゅっ





ちゅっ




と、触れるだけのキスが続いたかと思うと舌がねじ込まれる。




実弥さんの唇が、舌が暖かくて、柔らかい。




ぼんやりと頭の隅に時透さんの顔が浮かんだが、すぐに消えてしまった。





それは、いつの間にか隊服の釦を外され、隊服の下に着ていたシャツの上から胸を触られたから。





実弥さんの大きな手で優しく、大きさを確かめるように揉まれる。



あなた

ン......./////

不死川実弥
プハッ.......
これに懲りたら大人をからかうな.......って/////
あなた

ふぇ.......?/////

火照った顔で離れていった実弥さんの顔を見ると実弥さんはピシリ、と石のように固まった。




不死川実弥
(やっべぇ!!13歳のくせになんだよこの色気!!)
不死川実弥
(歳の割に胸デケェし、肌はモチモチだしよォ.......)
あなた

実弥さん.......?

そう声をかけるとどこかに行ってた魂が戻ってきたかのように
不死川実弥
っあ゛ー!!
次からかったら襲うからな!!
あなた

ひっ

不死川実弥
襲って欲しいならいいけどなァ?
ククッと笑う実弥さんに
あなた

嫌です!!

なんて返した。


















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







作者
作者
無一郎オチになるのかよ!!



って思いますよね!!





大丈夫です!



ちゃんといつかそのうち←無一郎オチになります!!




素直にくっつけろよ!!ってなりますよね!!
ゴメンナサイ.......