無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

38
お会計が終わり、店員さんに私と風柱様が呼ばれた。
あなた

不死川実弥
??
店員さん
あの、おふたりはお付き合いされているんです、よね??
そりゃそうだよな.......前回は2人であれ飲んでたし。




風柱様が
不死川実弥
いや?こいつには別の好いてる奴がいますけど
俺とあなたは上司と部下みたいな.......
あなた

お兄ちゃん的人です
ここに前回来たのも私がどうしても行きたいって言って着いてきてもらったんです!

不死川実弥
(え、俺がこの間言ってたのを気にして.......)


風柱様がこの間気にしてると言っていたから私が言った事にした。
店員さん
そうだったんですか.......
前回は盛大な勘違いをしてしまって申し訳ございませんでした.......
凄くしょんぼりしながら謝ってくる。
あなた

大丈夫ですよ!
そんなに気にしないでください!

不死川実弥
そうですよォ
俺らも紛らわしかったのがいけませんし
あなた

しかも今回もまた無料券頂いちゃいましたし.......
何回でもお友達と来たいなってお店です!

店員さん
ありがとうございますっ!
是非またいらしてください!
引き止めてしまって申し訳ございませんでした
不死川実弥
ども
あなた

また来ます!

店員さん
ありがとうございましたー!
店員さんに見送られてお店を出ると柱の皆さんが待っていて、
甘露寺蜜璃
何かあったの?
不死川実弥
前回勘違いしてたこと謝られてたんだよォ
宇髄天元
この間私服で行った時のか
あなた

はい
また来ますねって言ってサヨナラしてきました!

宇髄天元
あれはもうはたから見たら勘違いするだろ
不死川実弥
オニーチャンと可愛い可愛いイモウトの逢引きだァ
風柱様が笑ってそういった。




音柱様が私を抱っこして
宇髄天元
あなた、今度天元兄ちゃんとも行こうぜ
なんて言ってくる。



あなた

奥様といけばいいじゃないですか

煉獄杏寿郎
宇髄!あなたを離せ!
あなた

きょ、杏寿郎お兄ちゃん.......
助けて.......

高すぎて怖い。



杏寿郎お兄ちゃんに手を伸ばして助けを求めると
煉獄杏寿郎
よし!妹から助けを求められては助けなくてはいけないな!!
煉獄杏寿郎
さぁ宇髄!
あなたを離すんだ!
妹に嫌われるぞ!
ムンッ!と胸を張ってそういうと音柱様が
宇髄天元
あなた、抱っこは嫌か?
なんて言ってくる。
あなた

高すぎて怖いです

宇髄天元
これからたくさん抱っこしてやるから慣れろ!
あなた

えー

すとん、と降ろされたかと思うと今度は杏寿郎お兄ちゃんに抱っこされた。




あなた

ひゃっ/////

甘露寺蜜璃
あなたちゃんモッテモテ!
煉獄杏寿郎
うむ!筋肉がだいぶ着いたな!良い事だ!!
あなた

重いですか?

そのまま歩き出したからもういいかとそのまま話し始める。
煉獄杏寿郎
いいや!
まだまだ軽すぎるくらいだ!
もっと筋肉をつけなさい!
あなた

はぁーい

冨岡義勇
.......あなた、
あなた

はい?

水柱様に声をかけられたからそっちを見ると手を広げ、
冨岡義勇
おいで
なんて言う。
あなた

.......

不死川実弥
は?あなたの兄としては一番新参者のテメェが抱っこできると思うなよォ!
冨岡義勇
順番など関係あるものか
伊黒小芭内
俺は手を繋いで歩ければそれでいい
宇髄天元
伊黒はチビだからな!
伊黒小芭内
あ゛?
なんだと貴様
時透無一郎
僕も手を繋いで歩ければそれでいいかな
嫌がることしたくないし
胡蝶しのぶ
あなたちゃんに対して過激派と穏健派と別れましたねぇ
甘露寺蜜璃
うふふ♡
ワタワタしてるあなたちゃんもかわいいっ♡


杏寿郎お兄ちゃんに抱っこされたままの私は風柱様と水柱様の喧嘩を見ている。



杏寿郎お兄ちゃんはなんか
煉獄杏寿郎
よもやよもや!
なんて言ってるし岩柱様は涙を流して
悲鳴嶼行冥
仲のいいことだ.......
なんて言いながら数珠をじゃりじゃりしてる。