無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

28
そこのぱんけえきもとっても美味しくて実弥さんのちよこけえきもとっても美味しかった。




あなた

ムフゥ.......




満足である。





だがあとひとつ、試練が残っていた。





そう、
不死川実弥
これ、どうするか.......





サービスでもらったジュースである。







あなた

うーん.......

不死川実弥
.......あなた、覚悟決めろォ
あとそっちに行く
実弥さんが私の隣に腰掛け、客席からは見えないように身体をこちらに向ける。
あなた

やっぱ飲まないと、ですよね.......

不死川実弥
嫌かもしれねぇけど我慢してくれェ
こうやって体が大きい俺が壁になりゃ多少は見えねぇだろォ
あなた

外からは丸見えですけどね

不死川実弥
.......そこは諦めろ
あなたは飲むことだけに集中しろォ
あなた

は、はいぃ......./////

実弥さんがグラスを引き寄せ、カプリとストローの片方をくわえ、こちらを見た。





あなた

(ええい!こうなったらやってやるわよ!)

私もくわえ、ちゅーっと吸うとジュースが登ってきてハートの所を通り過ぎて口の中に入ってきた。
あなた

コクコク.......

不死川実弥
コクコク.......
実弥さんの香りがする。



ちらりとほんの少しだけ見える客席を見れば先程の店員さんがなんだか嬉しそうにこちらを見ている。




あなた

/////

恥ずかしくて視線を戻す。




ジュースは後ほんの少し。
あなた

ズゴゴッ.......プハッ!終わった.......

不死川実弥
ん、美味かったなァ
あなた

味は、ですね
すっごい恥ずかしかった......./////

不死川実弥
ん、よく頑張ったな
頭をなでなでされ、また微笑んでくる。





心臓のあたりがきゅううっと締まる。




不死川実弥
少し休憩したら外行くか
あなた

はいっ!

5分程休憩してお会計をしようとすると
店員さん
いいものを見させていただいたのでお代は結構です!
不死川実弥
へ?
店員さん
お互いに注文したものを食べさせあったり彼氏さんが彼女さんを優しく見守る表情.......
それにあの飲み物を飲む時も少しでも恥ずかしがらないように、私たちから彼女さんが見えないように壁になる優しさ.......!
もう従業員一同疲れが吹き飛びました!!
あなた

/////

店員さん
また今度はお友達とも一緒に来て下さると嬉しいです!
あ、これ店長から渡すように言われてます
そう言って実弥さんが受け取ったのは10枚ほどの1品無料券。



あなた

いやいやいや!こんなに受け取れません!

店員さん
お友達にあげたりしても構いませんよ
この券を持っているのはおふたりだけですからお持ちいただいた別の方も同様におもてなしさせていただきますっ!
不死川実弥
.......お言葉に甘えて
あなた

実弥さん!?

不死川実弥
貰えるんなら貰っとこう
今度甘露寺や伊黒もつれてきてやれェ
店員さん
沢山お連れしてくださいませ!
不死川実弥
本当にお代は.......
店員さん
大丈夫です!
不死川実弥
すんません、また来ます
店員さん
はいっ!ありがとうございましたー!
あなた

ご馳走様でしたっ!

店員さん
またどうぞお越しくださいませ!
ぺこり、と頭を下げて外に出ると
町娘
あっ、やっと出てきた!
不死川実弥
(忘れてたぜェ.......)
あなた

すみません、おまたせしちゃいました.......

町娘
いえいえ!お気になさらず!
町娘
二人の逢引きを邪魔したらダメでしょう.......
町娘
だってだって!
こんな美形2人組なんて滅多に見れたものじゃないのよ!?
不死川実弥
.......
実弥さんが空を見上げ始めた。




町娘
あ、あの、これからのご予定は.......?
不死川実弥
今日は甘味処めぐりなんであと1箇所行く予定ですねェ
町娘
あの、差し出がましいとは思うんですが御一緒しては.......
町娘
ちょっと、そこまでついて行くの!?
町娘
だってだって!!
2人組の女の子はとても仲が良さそう。



不死川実弥
あー.......あなた、どうする?
あなた

私は構いませんよ(笑)
もう2軒も回れましたし!

町娘
この前にも、ですか?
あなた

はい!
新しく開店した個室の!

町娘
え!あそこ行ったの!?
あなた

はいとっても美味しかったです!

町娘
あのお店すっごい並ぶって、
不死川実弥
1時間ほど並んだくらいですねェ
町娘
凄.......