無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

68
あまね様に連れられ、奥の誰も来ないような部屋に連れてきてもらった。
あまね様
私のことを母と思ってくださいね
先程のお話も伺っております
お手紙をかけるように準備もしてあるので書きたい人に書いてあげてね
終わったらまた声をかけてくれれば来ますからね
あなた

はい、

そう言って広い和室に1人となった。





壁に着いていた電源を入れれば部屋が明るくなった。





部屋の端には紙と、鉛筆が。




刀を置いて、羽織も脱いでその机の前に座った。













手紙はお姉ちゃん、煉獄さん、実弥さん宛に書いた。







共通しているのは、




突然ですが、探さないでください
迷惑かけてごめんなさい、
さようなら





ということ。




実弥さんには




気を使わせてごめんなさい、
もう1人で平気です
ありがとうございました





お姉ちゃんには




こんなに弱い私でごめんなさい
継子だったのに、何も恩返しできなくてごめんなさい





煉獄さんには、




沢山のことを教えてもらったのに裏切ってごめんなさい
育手としても、お兄ちゃんとしても一番大好きでした





他にも沢山書いたけど。

あなた

あの、あまね様、

そう廊下に声をかけるとすぐにやってきて
あまね様
もうかけたのですか?
あなた

はい、

あまね様
では一緒に鴉にお願いをしましょう
そういってあまね様について行き、御館様の鴉に
あなた

沢山お手紙運ばせてごめんなさい

そういうと
鎹鴉
オマカセクダサイ
ヘンシンハフヨウデヨロシイデスカ?
あなた

はい

鎹鴉
カシコマリマシタ
そう言ってお手紙を持って行ってもらった。





ポロリ、ポロリと涙がこぼれた。




あまね様
さて、お召し物を変えましょう
ちょうど良いサイズがあるといいのですが



そう言ってさっきとは違う部屋にやってきていくつもの高そうな着物を見せてもらった。



その場にはひなき様、にちか様、くいな様、かなた様がいた。



輝利哉様は女の子だと思ったら男の子らしく、御館様の元にいらっしゃる。



くいな様
可愛らしいお着物ばかりですね
ひなき様
お姉様ができたなんて嬉しいです
あなた

いきなり来てごめんなさい、

かなた様
気になさらないでください
明日、一緒に紙風船で遊びましょう?
あなた

はい、

あまね様
出来ればこの子達に勉強も教えてあげてくださいね
あなた

えっ、私が!?

あまね様
ええ
あなた様は甘露寺家のお嬢様ですよね?
あなた

はい、

あまね様
それならば教養もあるかと
あなた

鬼殺隊に入るまでしか、

くいな様
教えてくださいっ!
あなた

わ、私なんかで、

にちか様
ずるいです、私も!
あまね様
娘達とも仲良くしてあげてくださいね
あなた

はい





お借りした着物はシンプルなんだけどすごく可愛い。



髪飾りも御館様が藤の花のをくれた。




あまね様
とってもお似合いね
輝利哉様
綺麗ですね
あなた

ありがとうございます

産屋敷耀哉
あなた、隊服や日輪刀、鬼殺隊であった証は全て僕が預かっていていいかい?
あなた

.......はい

産屋敷耀哉
羽織だけでもいるかい?
ふるふる、と首を振って
あなた

いえ、何も考えたくないので

産屋敷耀哉
わかった
さ、ひなき達と居てくれ
もし柱が来たらすぐに教える
奥の部屋に隠れていいからね
あなた

お気遣いありがとうございます





こうして私は本部での生活が始まった。







本当に御館様もあまね様も本当の親のように接してくれる。





次の日にはひなき様達と紙風船を膨らませて遊んだ。



折り紙も。
あなた

見て、凄くない?

くいな様
わぁ.......これは薔薇、ですね
折り紙遊びはとても好きだった。



薔薇を折ると御館様も褒めてくださった。
産屋敷耀哉
あなたは折り紙の才能があるね
あなた

ありがとうございます......./////




ひなき様達は敬語を使わないで欲しい、との事だったからだいぶ砕けた話し方をしている。







またある時は
にちか様
姉上、ここはどうしてこの答えになるのですか?
あなた

ん?ここはね.......




計算を教えたりもした。



少し教えたら直ぐに理解していた。







本当に、ここにずっと居たいって思えた。