無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

18
それから1週間後、任務終わりにお腹がとても空いてこの間風柱様と行った甘味処でみたらし団子を50本注文し、1人でもちもち食べていた。
あなた

(ここのタレが程よい甘さで美味しいんだよねぇ……)

20本目を食べていた時、
不死川実弥
お?甘露寺の妹の……
あなた

ん?

声のした方を見ると風柱様で急いで口に含んでいたお団子を飲み込み、
あなた

あなたです!

不死川実弥
そうだ、あなただったな
不死川実弥
向かいいいかァ?
あなた

どうぞ!
あ、おはぎでいいですか?

不死川実弥
……おう
あなた

待っててくださいね、
すみません!おはぎ10個とお茶を1つ、お茶のおかわりもくださーい!

店員さん
はーい!
不死川実弥
俺そんなに食わねぇんだけどォ
あなた

大丈夫です!私食べますから!

不死川実弥
そ、そうかァ……
その後直ぐにおはぎとお茶達が運ばれてきた。



食べてる合間に
あなた

任務帰りですか?

不死川実弥
そうだ
あなたが居るのが見えたからよォ
……それにしてもこの間より多くねェ?
あなた

今日はお腹すいちゃったので50本です!

不死川実弥
そんなに……
あなた

余裕ですよ!
私も任務帰りなんですけど朝ごはん1人分しか食べてないのでお腹すいちゃって……(笑)

あなた

あ、みたらし団子食べます?

不死川実弥
1個貰うかァ
そういうのでみたらし団子を1本渡し、
あなた

おはぎ1つください!

不死川実弥
おーおーたんと食えェ
あなた

わーい!

残り10本にまで減ったみたらし団子から少しおはぎに浮気した。



みたらし団子よ、すぐ戻るから許してね。



はむり、とかぶりつくとあんこともち米が絶妙なバランスでとても美味しい。
あなた

んー!美味しい!

不死川実弥
みたらし団子も美味いなァ
なんて微笑みあいながら食べていると
宇髄天元
不死川何食ってんだ?
不死川実弥
グエッ
風柱様の後ろからとてつもなく身長のある男性が。




あなた

(誰だ……?どこかで……)

お姉ちゃんから柱の特徴と名前を聞いている。



最後の一口のおはぎをもぐもぐしながら
あなた

(身長があって袖なしの隊服、日輪刀が2本あって派手な額当てとジャラジャラしたやつ……あと爪になんか塗ってる……)

宇髄天元
で?目の前のかわい子ちゃんは?
あなた

(そして少し色気のある声……)

そこで思い出した。




彼は


「音柱・宇髄天元」


だということに。


おはぎを飲み込み、
あなた

お、音柱様!?
初めまして、恋柱の妹の甘露寺あなたと申します

宇髄天元
何、俺のこと知ってんの?
って甘露寺の妹ってお前だったのか
あなた

はい、柱の皆さんの特徴は聞いておりますから

風柱様の隣に腰掛け、お茶を注文している。
宇髄天元
ふーん……
不死川が珍しく他人といる所見たわ
しかも女と
不死川実弥
うるせェ……
宇髄天元
前からの知り合いなの?
不死川実弥
少し前に合同任務になったことあんだよォ
あなた

そうなんです!
その時にみたらし団子をご馳走して頂きまして!
今日も私が食べていた所を先程お声がけしてくださったんです!

あなた

風柱様すごくお優しい方ですよね!
こんな私と一緒に甘味を食べてくださるんですから!

そう言ってみたらし団子を食べた。




みたらし団子よ、帰ってきたよ。
しっかりと食べてあげるからね!




宇髄天元
ほぉ……実弥ちゃんも可愛い子捕まえて……
隅に置けねぇな?(笑)
そう言って風柱様をからかう音柱様。



風柱様は顔を真っ赤にして
不死川実弥
う、うるせェ!/////
あまりにもあなたが美味そうに食うから!!/////
宇髄天元
お?名前で呼んであげてるなんて優しいじゃーん♡
ニヤニヤしながらお茶を飲んだ音柱様。



こう見ると確かにすごくかっこいい2人だ。



お姉ちゃんが柱合会議の度に皆がかっこいいというのが分かる。



宇髄天元
あ?なんか顔についてるか?
じーっと見ているとそう言われたので
あなた

いえ、お姉ちゃんがよく皆さんのことかっこいいって言ってましたからその通りだなーって

不死川実弥
なっ/////
宇髄天元
お!分かってんじゃねぇか!
俺色男だろ?
あなた

そうですね
声も色気あるなーって思いますし!

宇髄天元
素直な女はいいぜ!
4人目の嫁に来るか?
あなた

へ?4人目??

不死川実弥
おいやめろォ
宇髄天元
なんだよ別にいいだろ
あなた

えと、

不死川実弥
こいつ嫁3人いんだよォ
あなた

さ、3人……

そこまでは知らなかった。



え、今の時代一夫一妻だよね……
宇髄天元
元忍だからな!
あなた

ぇえ.......?

少し引いた。


いやだって、ねぇ?
あなた

私なら嫌です
旦那様になる人には私だけを愛して欲しいです

そう言って最後の1本となったみたらし団子を食べきった。