無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

29
実弥さんと手を繋いで彼女たちを引き連れて次の甘味処に向かう。





到着したのは和菓子専門の店でしかも、
あなた

ここ、

不死川実弥
そ、俺のお気に入りの店だァ
おはぎに季節限定の味が出るって聞いたからよォ
町娘
和菓子屋さんだぁ.......!
町娘
あんた好きだもんねぇ
町娘
うん!
この間来た時と同じ席に実弥さんと並んで座った。



彼女たちは向かいに。



不死川実弥
ここは俺が出すから好きに食べてくださいねェ
町娘
いやいや!自分の分くらい!
町娘
そうですそうです!
不死川実弥
今日はこいつの腹を満たす為にそれなりに持ってきてますからどうぞご遠慮なさらず
あなた

そんな事言うと本当におなかいっぱいになるまで食べますよ??

不死川実弥
食えるもんなら食ってみろォ
あなた

言いましたね?

町娘
そんなに食べれるんですか?
あなた

人より沢山食べちゃうんですよね.......(笑)

不死川実弥
どうせあなたはみたらし団子だろ
あなた

はいっ!60本で!!

町娘
えっ!?
不死川実弥
.......マジかよ
あなた

あとおはぎも10個!
実弥さんも食べますよね?

不死川実弥
まぁ.......
けど俺10個も、
あなた

大丈夫です!私食べますから!

不死川実弥
別にそんくらいじゃいいけどよォ.......
不死川実弥
.......で、御二方は?
町娘
えと、あんみつを、
町娘
私も同じで
不死川実弥
1個ずつ?
町娘
はい!
不死川実弥
あなたは?
あなた

みたらし団子で大丈夫です!

不死川実弥
あっそォ
実弥さんが注文をしてくれて届くまでの間、
町娘
あの、お2人の名前を教えてくださいませんか?
町娘
私は麻耶といいます
町娘
私は菊葉と申します
あなた

私はあなた!

不死川実弥
.......不死川です
あなた

名前ですよ!

不死川実弥
.......実弥
麻耶
あなたさんに実弥さんですね!
菊葉
本当にこの子が迷惑をおかけして申し訳ないです.......
不死川実弥
大丈夫ですよォ
店員さん
おまたせ!
どどん!と大量のみたらし団子とおはぎ、麻耶ちゃん達のあんみつが運ばれてきた。
あなた

ひゃーっ♡みたらし団子だ!!

不死川実弥
残すなよォ
あなた

平気ですぅー



お茶も持ってきてもらい、食べ始める。
あなた

んー!おいひぃ.......

麻耶
あんみつも美味しい.......
菊葉
そうね
麻耶ちゃん達が食べ終わり、実弥さんも3つおはぎを食べ終わった頃、
麻耶
おふたりはお付き合いされてるんですよね?
あなた

あー.......

なんて言ったらいいのか、と思って実弥さんを見ると
不死川実弥
(任せとけ)
と、視線で何となくそんなことを言ってる気がした。


不死川実弥
まぁそんな感じですねェ
麻耶
お仕事のお休みが合ったからと言ってましたがどんなお仕事なんですか?
不死川実弥
それはちょっと秘密です
菊葉
あなたさんは知ってるんですか?
あなた

知っているというか同じ所にいるので.......

みたらし団子を飲み込んでそう答える。
麻耶
あなたさんもう働いていらっしゃるんですか?
私たちより若いですよね?
あなた

??

菊葉
私達は16です
あなた

私は14です!

不死川実弥
俺ァ19
麻耶
その年で.......
あなた

働いてる、でいいのかな.......

不死川実弥
良いんじゃねェの?
ちゃんと給料だって貰ってんだろォ
あなた

そうですけど.......実弥さんに比べたら.......

不死川実弥
丁が何言ってんだ
階級はかなり上だろうがァ
あなた

柱と比べないでくださいよ.......

麻耶
丁??柱??
あなた

(やべっ、)

不死川実弥
(やべ、階級言っちまった)
不死川実弥
あー.......組織内での役職名みたいなもんです
残り三本となったみたらし団子を大切に食べる。


私はきっとろくなことを喋れないからゆっくりと食べることにした。
麻耶
大変なお仕事ですか?
不死川実弥
そうですねェ
けれどやりがいもあります
あなた

(やりがいって殺るほうの殺りがいだよな.......)

その後も実弥さんに喋らせて私は残ったおはぎをもぐもぐした。





食べ終わった頃、
不死川実弥
追加でなんか頼むか?
あなた

んーん、おなかいっぱいなんで大丈夫です!

菊葉
ぺろりと食べきったわね.......
麻耶
苦しくない??
あなた

全然平気!

菊葉
それでその細さ.......
麻耶
羨ましいわ.......




そのお店のお会計は本当に実弥さんが全て払った。




麻耶
あなたさん、もし良ければ文通なんてどう?
あなた

ほ、本当に?

麻耶
ええ!
私たち○○村に住んでるの!
暇な時にでもお返事くれたらいいな!
あなた

うん、お手紙書くね!

不死川実弥
あなた、そろそろ家に送る
あなた

あっ、もうそんな時間か.......

菊葉
今日は突然おじゃましてしまった上に代金まで支払わせてしまって本当にごめんなさい
不死川実弥
気になさらないでください
麻耶
またお姿見かけましたらお声掛けしてもよろしいですか?
あなた

(隊服の時は怖くて無理だと思うな)

不死川実弥
.......まぁ、もし会えばですねェ




甘味処の前で菊葉さんたちと別れ、甘露寺邸に向かって歩く。