無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

27
次のお店も行列ができていて洋菓子専門店のようだ。




あなた

ここも女の子がいっぱい.......

不死川実弥
.......こんな機会がなきゃァ食いに来れねェからな
あなた

ここは何が有名とかあるんですか?

不死川実弥
確かここはぱんけえき?の色んな種類があるとか
不死川実弥
あとけぇきの種類も沢山あるらしい
あなた

ほぉぉぉ.......!
楽しみですねっ!

不死川実弥
昼時だしあなたはもう余裕で入るだろォ?
あなた

はいっ!
まだまだ食べられますよ!

むんっ!もガッツポーズをする。



すると何人か後ろの女の子2人組の声が聞こえてきた。
町娘
ねぇねぇ、あの少し前に並んでる銀髪の男の人かっこよくない?
町娘
わかる!傷だらけだけどそれもまたかっこいいっ♡♡
あなた

ムス

不死川実弥
ん?どうした?
あなた

なんでもないですぅ

不死川実弥
ほら、あと少しでまた甘いもん食えるんだからイイコで待てるか?
あなた

子供扱いしないでくださいよ!

不死川実弥
俺から見たらお子ちゃまだっつうの(笑)
笑いながらそう言って頭をポンポンされる。




その手は大きくて優しくて暖かい。



あなた

もー!
ぱんけえきまた食べますからね!

不死川実弥
その食ったぶん消化するの頑張れよ
あなた

お夕飯には消化しちゃうもん!

不死川実弥
.......そうだったな
町娘
今の笑顔見た!?めっちゃキュンキュンするんだけど!!
町娘
でも隣にいる子も可愛い!
あなた

!?

不死川実弥
.......
あなた

しゃ、しゃねみさん/////

不死川実弥
.......ククッ(笑)
ちぃとばかし見せつけてやるかァ?
あなた

えっ

そういうと実弥さんは私の肩を抱き寄せ、耳元で
不死川実弥
ほら、これであの娘達噂しなくなるんじゃねェ?
町娘
あの子うらやましいっ!
町娘
お話してみたいわね!
町娘
あんたにそんな度胸ないでしょ!
町娘
見てなさいよ!後で声掛けてやるんだから!
あなた

.......逆効果でしたね

不死川実弥
.......だなァ
お店の中に入ると
あなた

ここはお座敷とかじゃなくって一つ一つテーブルと椅子なんですねぇ

不死川実弥
だな
店員さん
ではこちらのお席へどうぞ
不死川実弥
どーもォ
案内されたのは窓際の席。


目立つじゃないか。
店員さん
お2人はとてもお似合いですので幸せそうに食べてくださったら通りすがりの方がそれを見て入ってきてくれるかなーって思いまして!
あなた

……

不死川実弥
確かにあなたは美味そうに食うからなァ
店員さん
サービスしちゃいますからお好きな物をご注文くださいね!
ではまた決まったら教えてくださいね!
不死川実弥
はい
店員さんが去り、お品書きを2人で見ていると
町娘
あ、あの!!
不死川実弥
ん?
2人で声のした方を見ると先程の声の女性で。
あなた

なんでしょう??

町娘
ご、ご相席しても宜しいですか?
あなた

へ?

町娘
先程、おふたりのこと見てたんです!
町娘
ちょ、あんたそれ言い方ストーカーよ!
あなた

.......

町娘
少しお話したいな、と思って.......
雰囲気はお姉ちゃんみたいに素敵な人で実弥さんにはこういう人がお似合いだよなぁなんて思っていると





実弥さんは少し目を細めて
不死川実弥
すんませんねェ
今日は彼女とやっと休みが合って久々の逢引きなんですよォ
あなた

(彼女!?)

不死川実弥
甘いのを食べたい俺に着いてきてもらってるんですよォ
このお店から出たら少しだけお話なら大丈夫ですからここでは何とか可愛い彼女と2人きりにさせて貰えませんかァ?
ニコリと外用の笑顔で笑う実弥さん。



それで目を血走らせるなんてことしたらこの子達ぶっ倒れるな
町娘
あっ、そうですよね/////
町娘
ほらあんた、お二人の邪魔なんてしたらダメよ!!
あなた

あの、後でお話しましょう?

町娘
いいんですか!?
不死川実弥
そうですね
あまり時間は取れませんがそれでもいいなら
町娘
わ、分かりました!
では失礼致します!
不死川実弥
どーも
町娘2人組はお辞儀をすると直ぐに元々居たであろう少し離れた席に戻った。




あなた

.......実弥さん普段そんな顔で笑えるんですね

不死川実弥
普段俺が恐れられてるなんざ分かりきってんだよォ
隊士でもねェ一般人にこんな態度でいられっかよォ
あなた

ふふ(笑)




そこでは私はまたぱんけえきを2種類(生くりぃむとちょこれいとソースが沢山かかったものと果物が沢山乗ったもの )を、
実弥さんはちょこれいとのけえきを
あと飲み物として紅茶を頼んだ。








案外早く運ばれてきたけえきとぱんけえき。



店員さん
サービスです♡♡
ではごゆっくり~♡♡
と嬉しそうな店員さんが持ってきたのは桃ジュース。



それだけならいい。




だけど問題はそれに刺さっているストロー。





グラスの中に刺さっているのは1本なのに途中で二つに分かれ、なんかハートの形になっていて交差して左右に飲み口が伸びている。




お姉ちゃんがきゃあきゃあ言っていた噂の「カップルストロー」と言うやつだろう。
不死川実弥
.......すまねェな
他にも連れてくれば良かった
俺と二人で来ちまったせいで間違えられたくもねぇだろうが恋仲になんて間違えられちまってよォ.......
あなた

ふふ(笑)
別に平気ですよ!
今日1日好きなだけ食べていい代わりに実弥さんの彼女になってあげます!(笑)

不死川実弥
ずいぶんちんちくりんな彼女だなァ?
あなた

酷くないですか
その無駄に伸びた身長5cmでいいからよこしやがれですよ

不死川実弥
嫌だね