無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

58
皆できゃいきゃい話をしていると廊下から
アオイ
しのぶ様は今取り込み中ですって!!
煉獄杏寿郎
すぐに終わる!!
あなた

.......は??

空耳かと思った。




あまりにも寂しくて、とうとう耳までおかしくなったかと。






でも、







煉獄杏寿郎
胡蝶!!



思いっきり扉が開けられ、そこに居たのは、
アオイ
もっと感動的な再会にする計画だったのに!!











ため息をついたアオイさんと。





























あなた

れん、ご、くさ.......バタンッ

甘露寺蜜璃
あなたちゃん!?
びっくりして椅子から転げ落ちて気を失った。






意識が飛ぶ直前、
不死川実弥
テメェ計画が台無しだろうがァ!!!
煉獄杏寿郎
すまん!!
なんて聞こえた気がする。

















目を覚ますと
煉獄杏寿郎
目を覚ましたか!!
あなた

.......






私を見つめてくる煉獄さんがいた。







あなた

.......まだ夢か、

そういって布団に潜り込もうとすると
煉獄杏寿郎
夢ではないぞ!!
そういってお布団を引張がされた。
あなた

ぎゃぁぁぁぁあ!!!

煉獄杏寿郎
元気そうだな!!
煉獄さんが、私の寝ているベッドの横にいる。






あなた

煉獄、さん、

煉獄杏寿郎
うむ!!久しぶりだな!!
あなた

本当、に、生きて、

ぶわりと涙がこぼれてきた。
煉獄杏寿郎
うむ!!
あなた

だって、鎹鴉から、煉獄さんが.......亡くなったって、

煉獄杏寿郎
一時的に仮死状態になっていたようだ!
あなた

だって、お葬式、だって.......

甘露寺蜜璃
お葬式に行くまでは私達も煉獄さんが生きてるなんて知らなかったのよ
胡蝶しのぶ
あの時点ではまだ煉獄さんは意識を取り戻していませんでしたが心拍は確認できていましたからね
伊黒小芭内
煉獄家で御館様と胡蝶から言われたんだ
不死川実弥
煉獄は意識を取り戻したとしても柱はもう続けられない
次の炎柱はあなたに
あなたがすぐに決断できるとは思えないから炎柱になってくれると言った時にこの事を教えようってなったんだ
あなた

う.......あ.......!

煉獄杏寿郎
あなた、炎柱になってくれるんだろう?
あなた

.......はい、
でも、てっきり私、煉獄さんが死んでしまったものだとばかり、

不死川実弥
俺も甘露寺も伊黒も.......柱全員あなたと話をした時に気づいてないだろうが.......
あなた

??

不死川実弥
俺らは一言も「煉獄が死んだ」とは言ってねぇ
あなた

.......

伊黒小芭内
「炎柱が居なくなった」
とは言ったがな
煉獄杏寿郎
ふむ、炎柱を引退したからな!!
間違ってなどおらん!!




涙もいつの間にか止まってぽかん.......としていると
煉獄杏寿郎
あなた、心配かけてすまなかった
俺はもう炎柱を続けられない
だから頼むぞ、
あなた

.......うぅっ

腕を広げてくれた煉獄さんに思いっきり抱きついた。



いきなり行ったもんだから煉獄さんはバランスを崩して一緒に床に倒れた。








ゴチンッ!!!






と、煉獄さんが頭をぶつけたがそんなことは気にしていられなかった。
煉獄杏寿郎
痛いな!!
あなた

うわぁぁぁん!!
煉獄さんのバカァァァ!!!

煉獄杏寿郎
.......すまなかった
あなた

私っ、私.......!

煉獄杏寿郎
今までの様子は甘露寺や不死川達から聞いていたぞ
ほぼ毎晩寝ていなかったらしいな?
それに食事もろくに取れていなかったらしいな!
成長期なんだから食べないとダメだ!!
あなた

誰のせいだと思っているんですかァァァァァ!!!

煉獄杏寿郎
俺だな!!
あなた

うわぁぁぁん!!!!

涙も鼻水もびっくりするぐらいに出た。



これまで心配させた罰と言わんばかりに全て煉獄さんの着ていた入院着に擦り付けてやった。




煉獄杏寿郎
びちょびちょだ!!
あなた

フンっ!!