無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話

86
翌日





任務に行く為に隊服に着替え、縁側に座ってボケっとしていると
時透無一郎
あ、ここにいた
トテトテ、と可愛らしい足音を立てて同じく隊服姿の無一郎くんがやってきた。



手には少し大きめの包みを持って。




私の隣に座り、
時透無一郎
これあげる
包みを渡してきた。



受け取って中身を見ると。


あなた

あの時の、羽織.......じゃない??



何かが違う。



色はそのまま変わっていないのに。




あなた

??




それは日に当てると直ぐに分かった。




キラキラと光るのである。



全体ではなく、裾の方が。



あなた

わ、キラキラしてる.......!

時透無一郎
ふふ、気づいた?
キラキラする糸を少し縫い付けてもらったんだ
着心地は変わらないよ
陽の光でも、月の光でもキラキラと光るようにと思って
炎の呼吸に合うといいなって思ってさ
えへへ、と少し照れくさそうな無一郎くん。




時透無一郎
不死川さんから貰ったやつはちゃんととっておきなね
もしこの羽織がボロボロになったりしたら着れるようにさ
あなた

うん、、

実弥さんから貰った羽織を脱いで無一郎くんからの、
元々着ていた、リニューアルされた羽織に袖を通した。


庭に降りてクルッと回ると太陽に反射してキラキラと光る。


あなた

似合うかな?

時透無一郎
うん、やっぱりあなたにはその羽織が似合うよ
あなた

えへへ/////

時透無一郎
あ、それかこの不死川さんからの羽織僕もらおうかなぁ.......
無一郎くんが私が脱いだばかりの羽織に袖を通した。


私には少し大きかったその羽織は無一郎くん位でちょうどいい。


時透無一郎
どう?似合うかな??
あなた

うん、すっごくかっこいい!

宇髄天元
.......お?
なんだなんだ、お二人さん一緒か!!
あなた

きゃぁぁあぁぁあ!!!!

またひょいっと抱っこされ、叫んだ。




時透無一郎
ちょっと宇髄さん、
あなたは僕の彼女なんだから離してよ
無一郎くんはムスッとしながら近寄ってきた。



宇髄さんは笑いながら私を降ろして
宇髄天元
悪ぃ悪ぃ!
ってやっぱり恋仲になったか!めでてぇな!
あなた

/////

宇髄天元
羽織もド派手に良い奴貰ってんじゃねぇか!
キラキラ光ってよ!
んで何だ、時透はその羽織りもらったのか??
私を後ろから抱きしめながら宇髄さんは無一郎くんの頭をボンボンしている。


時透無一郎
ちょっ.......!
違うよ、あなたが着なくなるから貰おうかなって、
宇髄天元
ふーん?
だったらあなた、お前が時透にくれてやればいいじゃねぇか
そんな他の男から貰ったのなんかよりよぉ
その方が時透も嬉しいんじゃねぇ?
あなた

えっ

時透無一郎
でもこれ戦う時邪魔そうなんだよねぇ.......
来ていた羽織を脱いで綺麗に畳んで私に抱きついてきた。


時透無一郎
うん、やっぱあなたが来てた方がいい!
あなた

/////

後ろは宇髄さん、前は時透くんに抱きつかれて顔が真っ赤に。



時透無一郎
あれ、顔赤いよ?
宇髄天元
なんだぁ?
色気のある兄ちゃんと出来たてほやほやの彼氏に抱きつかれてぶっ倒れそうなんてド派手に可愛いじゃねぇか!
ケタケタ笑いながら無一郎くんもまとめて抱きしめた宇髄さん。



時透無一郎
僕男には抱きつかれたくないんだけど!!
宇髄天元
大人しく抱きつかれておけって!
あなた

ひぇっ/////

しばらく3人でぎゅうぎゅうしていると無一郎くんが思い出したように
時透無一郎
そういえば宇髄さんはなんでここに?
宇髄さんは
宇髄天元
あ、忘れてたわ
あなたさ、潜入任務やる気ねぇ??
あなた

へ.......?
潜入??

宇髄天元

今女の隊士が必要でさぁ.......
時透無一郎
どこに潜入させるのさ
宇髄天元
遊郭
あなた

遊郭って、あの?




あの綺麗な色気ムンムンなお姉さま方が沢山いるというあの遊郭だろうか??



宇髄天元
そ!!
そこに鬼が潜んでるって言われててよ!
遊女として潜入して欲しいわけよ!
あなた

わ、私なんかで.......

時透無一郎
ダメに決まってるでしょ!?
無一郎くんが宇髄さんから私をひっぺがして無一郎くんの背中側に私を移動させ、私からは宇髄さんが見えなくなった。
宇髄天元
なんだよ
時透無一郎
あなたはまだ13だよ!?
そんな危ないところに行かせられるわけないじゃん!
宇髄天元
だけど柱だろうが
さっさと鬼を倒さねぇとその分人が死んでいくんだぞ
あなた

えと、

時透無一郎
遊女ってことはお客とるんでしょ?
まだあなたはそういう経験ないんだよ!?
なんでそんな事知っているんだ.......



いやまぁこの年齢ならね?
まだ経験ない方が普通だけどね??
なんか恥ずかしいな.......


宇髄天元
まー.......まだ確かに幼すぎるか.......
やっぱいいわ
ほかのやつ探すわ!!じゃあな!!
そう言って宇髄さんは姿を消した。



無一郎くんは
時透無一郎
あなた、まだそういうコトしたことないよね??
あなた

な、ないです......./////

時透無一郎
あなたのハジメテは僕にちょうだいね?
あなた

はいぃ/////




お姉ちゃん。




私のハジメテは無一郎くんに決定したようです。