無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

MILK 神山羊
ああもう嫌だ嫌だわ
軋む木に腰掛けシガレット

このままでいいかなあ
楽しくなるかなあ
少しも良くない古びたアパートへ

ちょっと、あらあら、まあ
遊ぶ火に水掛けゴブレット

何て事ない
そんなわけない
銃声飛び交ってるランドリー

もうどうかしてしまいそうだわ
恥ずかしいほど飛んじゃって
顔にまで出るのさアイロニー
もどかしいその幼さで
罰を越える感覚を内緒で教えて

白々しく流れ出すような
甘い匂い 撒き散らすMILK
短い夢なら見せて
尚更にもっとわざとらしく

じゃあもう飽き飽きな
あの顔に唾吐きリグレット

わがままでいいかなあ
寂しくなるかなあ
意外と悪くない二人のアパートへ

ちょっと、あらあら、そう
遊ぶように輪をかけアマレット

何て事ない
そんなわけない
I say 交わってる間に

もう同化してしまいそうだわ
嫌になるほど飲んじゃって
視界も染まりますアイボリー
もどかしいその危うさで
罪を正す感想をもっと教えて

知らぬまに溢れだしたような
想い焦がし飲み干したMILK
悪い夢なら見せて
今更になってもう帰れずに

白々しく流れ出すような
甘い匂い 撒き散らすMILK
短い夢なら見せて
尚更にもっとわざとらしく