無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

YELLOW 神山羊
つまりは好奇心に囚われてたんだ
大切な物なら壊したんだ
明かりの灯らないホールケーキ
木製の君と踊ってたんだ

クローゼットで待った今日も
小さな身体ただ寄せ合って
眠るのさ、変わるのさ
想像容易い安全

「私馬鹿な子なのどこにも行かないで」
濁った正体の鈍い目を覚ませ
夜のうち片付けたおもちゃ
無邪気なままでまだいたかった

愛情はhighただ捨て置くばかり
剥がれ落ちた大事な記憶
but 後悔 low-lifeならば敢えて
ありえないことを願う夏を

YELLOW

あいつは好奇心に殺されたようだ
狡猾な術なら試したんだ
うだつの上がらないあんな行為
満面の笑みで歌ってたんだ

クローゼットで待った今日は
一人で待つのならこんなもんか
変わるのさ、終わるのさ、肯定

求め続ける 価値 価値 価値 迫る秒針
もっと巻いて 業 深くなって
終いには天地が 逆さまになる
なんで?どうして?ほら霞んだ透明
「窓から見た景色をまだ覚えています」
いっそ消えて無くなるだけのYELLOW

YELLOW

その日が来ないよう、わざと間違えて
崩れ落ちた、乖離と解脱
救いなどないよう、限りあるなんて
まだ、想う熱

愛情はhighただ捨て置くばかり
剥がれ落ちた大事な記憶
but 後悔 low-lifeならば敢えて
ありえないことを願う夏を