無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,625
2021/07/03

第7話

5
柳川  (なまえ)
柳川 あなた
は?
柳川  (なまえ)
柳川 あなた
ねぇ、なんで?どうしてやらなきゃだめなの?
柳川  (なまえ)
柳川 あなた
ふざけないで
(なまえ)
あなた
よ?
死柄木 弔
落ち着けあなた
こうなったのは、約10分前
死柄木 弔
あなた。話がある
柳川  (なまえ)
柳川 あなた
どったの?
死柄木 弔
雄英高校にスパイで行って欲しい
柳川  (なまえ)
柳川 あなた
は?
そして、今に至る
(なまえ)
あなた
ねぇ、どあして?スパイなら、トガちゃんのほうがいいよね?
(なまえ)
あなた
ねぇ、どうして、私。やりたくないことやりたくないんだけど
死柄木 弔
.....スパイにいけば
死柄木 弔
これまで以上にいい情報が得られる
死柄木 弔
これは、メリットだ。ヴィラン連合の利益にもなる
死柄木 弔
それほど、重要なんだ
(なまえ)
あなた
.....
柳川  (なまえ)
柳川 あなた
はぁ、わかったよ。いきゃーいいんでしょ?いけば
死柄木 弔
あぁ
死柄木 弔
よろしく頼む
その頃、トガちゃん達は....
トガヒミコ
どうして、私じゃないんでしょう
荼毘
さぁな(お前が毎回、かぁいいねー、とか、血チューチューしたいねぇとか言ってるからだろ...)
と心の中で思っていた荼毘だった